読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私は社会化のドッグトレーナー

チャーリードッグスクールCDSオフィシャルブログ

無視と無反応は違うって定義してます

保定や接し方 インターセプト トレーニングに対するひとりごと

おはようございます。

 

 

↑の本は犬の攻撃的な行動の取り組みへのヒントがたくさんあるな、と思って読み進めています。昨日Kindleでポチリました。

 

 

その本の中に咬まれたとき痛くても反応を返さないって書いてあって。

犬の世界そういうことなかなか言えないですよね。^^;言えないような風が吹いてる^^;

甘噛みの対処もいろいろなのですが

咬まれたら落ち着けと、吠えもそうですね、飛びつきもそうですが・・・、カーミングシグナルとしてくるりと背中を向ける・・・。これ無視ですよね。

無視してくださいと言われればこんな感じが穏便な対処法として浮かぶかなと思います。それでもうまく行かなければ違う部屋に行けとかね。

甘噛みされて

「イタイ!!!」

って大きな声を出すのは無茶苦茶反応を返していることなのでお勧めしていません。

で無視と無反応は違うよってお話ししていますけど、無反応は文字通り反応を返さない。

なかったことにするんですね。

犬的には反応ないからつまらないですよね?

だから行動がなくなる、しなくなるんです。無反応を教えられていなかったり、無視と区別していない教え方が多いので、なかなか広がっていない対処法かなと思います。

参考にしてくださいね。

 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村