読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私は社会化のドッグトレーナー

チャーリードッグスクールCDSオフィシャルブログ

飼い主が好子になる

リラックストレーニング 古典的条件づけ 保定や接し方 信頼関係とは? 強い優しさ 犬の飼育基本的な考え方

おはようございます。

カテゴリーがいっぱい。すべてリンクしているということ。

犬は強い人が好き。強いっていうのは叩いたり脅したり吊り上げたり追い詰めて無理矢理言うことを聞かせる人じゃないですよ。

一貫している人。不安定ではない人。すぐに怒りださない人のことです。

そして犬自身だけではなくみんな平等に接する人(これも一貫性ですもんね)

そういう人をモデルにしたい、そう願う動物だと思って接しています。

 

 

↑ペコ母さんの取り組み。

暴れる犬を、興奮する犬を抱っこできない飼い主さんが多いですね。

噛まれるから嫌とか、嫌われたくない、またはもっと興奮させてしまうほど保定が下手だから。

練習しないでできない怖いでは、犬の一生につきあうことは無理ではないかな、って思ってます。

f:id:charliemama3:20160426073946j:plain

落ち着かせてあげられるお母さん、お父さんだから犬は信頼するのではないですか?

落ち着かせてあげるということは萎えさせるあきらめさせることではないので、方法はおのずと誰が見てもいじめではないものになるはずです。

飼い主は犬との暮らしで好きな人と条件づけられます。

イジメていればおっかない人嫌な人、いざという時怒る人って条件づけているから命の危険にさらされたとき、懐には向かわず逃走するのは想像に難くありません。

そういう常識を当てはめることを放棄している人が犬を好きだと言い、飼っているし、トレーニングしていることが飼育しきれない犬の減少に待ったがかけられない原因でもあると考えています。

犬を知らなくたってそういう思いやりを持てば犬は何となく合わせてくれる、そのくらい自由度の高い優秀な命だと思います。

 

では今日もよろしくお願いいたします。

 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

 

応援よろしくお願いいたします。