読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私は社会化のドッグトレーナー

チャーリードッグスクールCDSオフィシャルブログ

2015-12-24 犬の忠誠心は認めますが、それに甘えない自分でいたいなぁと思います

犬の学校記事

昨日NHKなのかな?猫の問題行動、確か・・・ウールサッキングをやっていたのですね。聞こえてきた。ニャンコのご飯の支度をしていたので聞こえてきたわけですが。

ウールサッキングとは布や食べてはいけないものを食べちゃう異食性ってものですね、簡単に言うと。この記事などが参考になるかな。

わが家では、♂猫に多いような。原因はわかっていません。

布を食べる猫 〜ウールサッキング〜

でね、その中で猫は叱っても叱られた意味が数秒経てば分からなくなると。犬もそうですけど。

そして犬みたいに忠誠心はないから叱られれば怖がってしまうって。

この言葉に引っかかったわけです。

多くの方が引っ掛かりませんよね?

だから、犬は叱って育てることに疑問を抱いたことがない方が多いのだと思います。

猫は叱っても無駄だし害があるからウールサッキングしてしまう時心を満たすように狩りごっこ遊びを充実させたらしなくなった、という経過をやってましたが。

犬だって同じように考えられないかな?

というところがもやったわけです。

同業者の方やセミナーやいろんな場所愛護とかね、そういうところに出て行ってもやって帰ってくるのはそういうところなんですね。

ホリスティックな本を読んでもいざいうのしつけになると叱る態度に疑問を持ってない。

それは犬への理解とか思いとか自分の命に対する姿勢を問われることではないかな?と大げさに言うとそこまで思ってしまう私です。

まそういうめんどくさい私なので毎日ああだこうだ思うわけですが。

犬の忠誠心は認めますが、それに甘えない自分でいたいなぁと思います。

今日もよろしくお願いいたします。

 

f:id:charliemama3:20151224080618j:plain

昨年作ったココの合成写真。

素敵な一日をお過ごしくださいね!