読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私は社会化のドッグトレーナー

チャーリードッグスクールCDSオフィシャルブログ

犬が自ら近づくといういろいろな意味と可能性

保定や接し方
ずいぶん前にお聞きした話ですけど、自分の犬が人に近づいたとき
「許可なく近づいた。匂いを嗅いだ、足をかけた」
ということはけしからんことだと。優位性を示しているからガツンと最初にこちらの権威を示すと・・・。いう教え方をしている人がいるって。
犬同士はね、本当に順位の高いキャパの大きな犬は
さあ近づけ、という態度を示すものです。ガウガウとやたらに怒りませんよ。その代り、よく来たねってへつらうこともしない。あいさつしかえさないでしら~っとしていますよね。
そういう何気ない犬のボス的態度を見ていても人間は人間目線の支配的な態度が犬とのかかわりを残念なものにしてしまっているなぁと思うんですね。
っていうことで、でもないけど。全然別のお話し。
ハズバンダリートレーニングあなたなら?っていう記事の続きです。
 
 

オンライントレーニング「あなたはどう働きかけますか?」アップしてました^^;。http://blog.kuruten.jp/charlie/336430

Posted by チャーリードッグスクール on 2015年9月9日