私は社会化のドッグトレーナー

チャーリードッグスクールCDSオフィシャルブログ

オンリードのおいで、を話したかったのですが^^;

オンリードのおいで カテゴリーですけど記事数は少ないですね。 いわゆる服従訓練の「コイ」のトレーニングとの違いなどを考えます。 http://www.dogactually.net/blog/2012/06/7-1.html .

dogactuallyの中の↑記事ですが参考にしてください。

いわゆる服従訓練ですね。

オビーディエンスです。 コマンドに従わせる訓練ですね。

http://www.iris-pet.com/wan/situkeyougo/lfx-categori-categori-4.htm

アイリスのサイトの服従訓練の項には

 

【服従訓練】  服従訓練とは、飼い主の指示(コマンド)によって、一緒に暮らしていくために必要な動作である「スワレ」「フセ」「マテ」「コイ」などを、犬に身につけさせること。服従訓練には犬と飼い主が信頼関係を築くことが大切です。飼い主を信頼することで、犬は安心して指示に従うことが出来ます。盲導犬や介助犬のような補助犬も子犬の時に、基本的な服従訓練をボランティアの家庭で学び、人間に対しての信頼、愛情、安心感を持つようになります。

と書かれています。

私の知っているパピーウォーカーさん宅では簡単な訓練もNGであったとお聞きしたことがあります。

そのように指導されたと。協会によって違うのかもしれませんね・・・。

 

IMG_2900.jpg

 

こういう記述を呼んで読んだことを疑いもなく、疑問を呈さず受け入れてしまう方は 服従訓練は無条件に良いもの、それにとって信頼関係はできる、と思うのでは?

私はそこがまず違うのではないかと思っています。

この人は安全、この家はくつろげる、家族が大好き、甘えられる! と犬が感じるから、意思と反したコマンドにも従うのではないでしょうかね?

IMG_2890.jpg

 

犬がいるのにアイコンタクトを命じられて、視界の先の犬の視線から目をそらしたいのにそらせないというプレッシャー。

そういう犬としての礼儀みたいなものよりも人間に従うことを優先させる訓練では 犬がプチストレス状態になる、のは…当然だと思います。

どんなに楽しいゲームであっても、犬が犬としての言葉を封じられた状態では、 犬が犬として成長する妨げをしていると、言えるのではないでしょうか?

人間側が良いことと思って毎日行うことが犬らしさを奪う、というのはとても多いことで、 犬の顔の筋肉が硬いとか、いつも指示を仰ぐように自己決定できないとか、 一見人間目線ではお利口さんに見えるかもしれませんが、犬語を知ってしまうと・・・かなり不憫な状態だと思います。

まして、今はトリミングや獣医通い、吠えさせてはイケナイ、匂い嗅ぎさせるな、などストレスがかかることが昔の犬に比べてとても多い状態で、しかも飼い主的に「犬」の歴史が浅い中で受け取る情報も偏っていますので

犬は犬らしく振舞うことが、ダメ犬、扱いされる現状が多いと思います。 ダメ犬を連れているダメな飼い主、というレッテルは怖いですしね・・・。

 

 

IMG_2887.jpg

変えていくものの大きさに圧倒される毎日ですが、まあぶつぶつここでつぶやくだけでなく 飼い主さんたちに協力していただき良い方向に動かしていきたいものだと思っています。

で、かなり逸れてますけどオンリードのおいでの過去記事の復習と いわゆる服従訓練について読んでみてくださいね。

 

IMG_2893.jpg

 

次回の記事でギゼラちゃんの動画をご紹介していきます。