私は社会化のドッグトレーナー

チャーリードッグスクールCDSオフィシャルブログ

【ブロマガ】社会化を考える・続き

シーザーミランの動画に移りたいのですが^^;もう少し。 社会化について。 FBの方でも、こちらにもコメントありがとうございます。 じゃあ、記事にします^^;(結局やめました^^;すみません) そのtweetは

↑こちらですが、読んで、正しい理解をしなくちゃ、って思った方いますか? 私は・・・。ん~、って思ったのでした。

ま、このことに関して、焦点は 犬に「新しい刺激(物、人、動物、状況等)」をいい印象が残るように紹介する体験させるのが「社会化」 ↑はパピーの社会化、特にブリーダー宅での、ということだと思っています。 前記事にも書きましたが

 

ということは社会化というのは ある個体が発達成熟とともに所属する環境条件下において適切な認知的、情動的、社会的行動を学習すること といえます。

 

脳は死ぬまで発達しますから、死ぬまでチャンスがあるのです。 あきらめたら終わり。 このこのためにあきらめずゆるく取り組むことが大切だと私は思います。

希望のない犬育ては、遺棄に向かいやすいと思うのです。 刺激にただ何度も触れさせればいいというものでも これは当然ですね。二次強化子や無条件強化子を提示しつつ触れさせる(=さらされる)べきです。 犬にとっての一番の二次強化子は飼い主、を目標に、社会化を継続します。

また、犬にとって初めてか初めてじゃないか?犬に聞いてみないとわからんよね?ということはありますよね。 パピーの頃、家に迎えるまでの経験、すべて知っているわけではないから。

そこからも新しい刺激、という定義は違うのかなと思うのです。 もっというと、 その定義があることで、 「あ~、うちの犬は社会化に失敗したから」 という嘆きや言い訳になる、と思います。 すでに嫌だと犬が感じている、反応を示しているものに慣らすことでもありません。

本来社会化にはこれも含まれるはずです。嫌だと犬が感じている、って?いうのもラべリングですよね。 (私はラべリングは必要だと思っていますけどね) 恐怖症というように特定の対象物がない、漠然とした不安を感じ始める社会化の後期には 拮抗条件づけや系統的脱感作は当然だと思います。

ということで、次にお話ししたいのが、エクスポージャー(暴露ではなく曝露です)の正しい考え方です。 シーザーミランがすんだら^^;ね。 ということでコメントは・・・ コメント欄で^^;