読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私は社会化のドッグトレーナー

チャーリードッグスクールCDSオフィシャルブログ

【ブロマガ】犬にとっての大切な概念(=距離)

攻撃性、吠えと(吠えも攻撃性のカテゴリーに入れられることが多いというか、入っていますが私は分けて考えています)について、その対処法を考える上で最も大切な概念は? お題にも書きましたが 距離、スペースですね。 もう一度この辺りの記事を。 【ブロマガ】犬目線で見る・考えて介入する2014/04/09 http://charlie1210.blog113.fc2.com/blog-entry-3103.html 【ブロマガ】スペースの色々 http://charlie1210.blog113.fc2.com/blog-entry-2168.html また、一般公開記事の 犬が怖いものに出会ったとき 2014/05/29 http://charlie1210.blog113.fc2.com/blog-entry-3167.html そして今日の仙台散トレのFBへの投稿
吠えたら距離を取らせます。 攻撃行動の前兆が見えるや否や、距離を取らせます。 距離を取らせるというのはどういうことか? リード操作でフラストレーションを与えないようにして(パーで緩めた状態で) 犬のヘッドをコントロール=こちらに向かせます。 声かけと飼い主の動きで犬を呼び込みます。そのための名前を呼んでおやつ第3バージョンと オンリードのおいで、の練習があります。 リードを引くことによってのフラストレーションから攻撃行動が出る、座学でよくご紹介する有名な動画ですが こちらに貼り付けてみますね。 上が通常のスピード。下が超スローモーション。 http://youtu.be/WxS27ieAiLI http://youtu.be/mSRQ9o22KG8 まず、リードつきで犬同士挨拶させるものではないという基本を作ることで 犬が無駄に攻撃行動(多くは自分のスペースを守るという行動で、それが過剰になるわけですけど)を取ることを防ぐことにつながると思います。 犬同士の挨拶をうまくさせるという練習は無理なんですね。 リードの繋がれているフラストレーションから、退路が保たれていないと思った犬が 過剰防衛に至るということは人間側が覚えておかなくてはいけないことだと思います。