私は社会化のドッグトレーナー

チャーリードッグスクールCDSオフィシャルブログ

人が動く方が簡単で手っ取り早いの(3)

歩行動画続きの3回目です。 これで終了です。 今日はもう一つ記事アップしたいと思ってます。 IMG_1731.jpg こちらは↑宇都宮散トレ時の、ジジ君、コタロ~君とじ~コタ母さんです。 二頭引きのハンドリングにピッカン 投稿をお借りします。

 

これとこれ。

 

*********** では、4月の散トレ。ジーナちゃんペア3回目の参加です。 8秒。 自分の体をターゲットにして、集中を保ちます。 でしたね。 では続けましょう。

http://youtu.be/qDdyT2kX4B0

8秒より前、5秒くらいのところで、右前方を確認されています。 犬だまり^^;ができているぞっと。 頭の中で描く、またはよく書籍の中では、人が間に入って云々が方法としてあるかなと思いますが この動画を見て、その余裕という過去の場面でそれ、できるかな?というと 出来ないよね、と思うのです。バタバタすればきっと見せたくない犬だまり^^;をむしろ意識させてしまわないかな? ということになると思うのです。 で、選択として、進行方向に立ちターゲットになること、でしょう。 とても素晴らしい判断だと思います。 訓練の世界では犬を動かすというセオリーがあります。 が、私がお願いする歩行は、人が動け、です。 人が動いて人に喜んでついてくるように。 人が二次強化子になって犬を引き付けます。究極のマグネット。 9秒辺りのリードをしごく様なグッパーが素晴らしいです。 忙しく手が動いているのがお分かりになりますか? でも緊張を呼ぶ動かし方ではありませんね。 11秒での体の外し方と右手の持ち方も絶妙だと思います。 12秒一旦グーはいってます。で、ジーナちゃん、ママを見上げてます。 黒ラブMIXのエルフィーちゃんの方に引き寄せられるように進んでいますね。 コンタクトを取っておいて大正解でしたね。 16秒当たり、かなり突進スタイルですが、グッパーが緩やかでしかし力を入れつつ 引っ張られない前傾にしすぎない、努力感の現れるあたりかなと思います。 24秒ママ、止まりました。 あまりにもたまってますもんね。^^;ジーナちゃんここでもアイコンタクト取ってますね。 26秒、右のワンコ集団との壁になる位置に入ろうとされています。 このくらいゆっくり入るのはまさに理想的だと思います。 インターセプトだ!とバタバタしすぎていませんか? それによってジーナちゃんも落ち着き、ママが右を通ることについ尻尾が振れた、そんな瞬間です。 インターセプト時のリードのゆるみに注目ですね。 海くんママにご挨拶の38秒、左手リードを真上に。自分が四つん這いになったときこのようにリードを上に引き上げられれば、その場にとどまりやすい・・・と私は感じますが。 皆さんはどうかな? という感じで次はコメちゃんが登場。 行ったり来たりの脚側練習。刺激の中で飼い主さんとの密なコミュニケーション。 ストレスフルな様子も、やらされてどんより感もないと思います。 ということで、ジーナママさんの成長日記^^;動画でお伝えしました。