私は社会化のドッグトレーナー

チャーリードッグスクールCDSオフィシャルブログ

【ブロマガ】おやつを持った手、手に持ったおやつは嫌。またその状況での手でのおやつは食べたくないの

FBに投稿した頑固なココ^^;との取り組みというか 下手するとおやつも声も届かなくなる?という状況に陥ったことを お話ししてみます。というか、ココと通ったあるお教室での経験なんですね。 なのでまずはくる天オンラインからその記事をこちらに移動させますね。 シリーズなので^^;11話くらいあったかな。 数回に分けて載せますね。
ココと一緒にトレーニング(1) 2011年1月17日 12時0分の記事 さて、復習も終わりとして、本格的にトレーニングをお勉強していきましょう。 ココとのトレーニング記事をオンラインスクールに移動させています。 追記で、私がどう感じたかなどをお話ししていきますね。
優良家庭犬教室、 結局、中級を終了してその上に進まなかったわけです。 「負の強化」の使い方に自分自身納得がいかないという理由なのですが、 ま、これについては追々お話ししていきますね。 ココと一緒にトレーニング a00001345171.jpg 4月26日の記事です。 ず~っとお勉強 http://charlie1210.blog113.fc2.com/blog-entry-1028.html で、予告(笑)しましたが、 ココとのトレーニングが始まりましたので、そのレポートや 私の感じたこと、皆さんにお伝えすべきことなどを書いていきたいと思います。 カテゴリーは、ココと一緒にトレーニング、です。 ココは臆病ではないけど、新しい環境になじむまでに時間がかかるし いつもチャーリーと行動をともにさせてしまっているので 一頭で何かをする、という時の自信が育っていないんですよね。 これは飼い主の責任ですね・・・ で、反省とチャレンジを胸に秘めて、頑張りたいと思います。 もちろん!強制訓練ではありませんよ~。 チワワにも無謀にチェーンカラーで訓練する方がいるようですが・・・ 困りますね。 チワワは吠えやすいので、その対策だそうですけどね。 対策?そうですよ~、吠えたらリードショックを与えるのです。 これが訓練の現場。 そういうのが巷にはまだまだあるんです。 そこをなんとかしたい。 大きな犬のようなキャパがないので、それはそれは難しいです。 自分の犬だとなおさら難しいかな~。 人間の子でも、人の子がぐずっても平常心でいられるのに、自分の子がぐずると 心がざわつきます・・・そんな感じ。 で、私が通いますのはこちら。 http://www.cgcjp.com/ 優良家庭犬普及協会です。4月25日に、横浜でオリエンテーションを受けまして GWで1週お休み。 で5月9日、一回目のレッスンが町田でありました。 私がトレーナーであることも事務局にお伝えしてあるんです。 この方法を愛護推進委員として 練り上げて、自治体に提案したい旨を。 快く承諾してくださいました。さすが、普及協会ですね。 犬を取り巻く環境、飼い主のレベルアップのために良い、ということには 力を貸してくださるのですから・・・こういう姿が本物なのだろうな、と感じます。 学んだことを、お散歩トレーニングに生かすこともOK。 ということなので、基礎トレの中にいろいろ組み込んで行きたいと思っています。 無理なく楽しくね♪ 私なりの形にさらに磨きをかけて行きますよ~。 しかし・・・さらにゆる~くなることは間違いないでしょう!(笑) これからぼちぼち、綴って行きますのでよろしくお願いいたします。 ******************************************* ここからは追記になります。 陽性強化法、とここの先生方は仰っていらっしゃいますが まあ、その言い方自体が間違い、ということですね。 陽性、というとおやつを使って褒める、と勘違いしている方もいるし、 強化、というと、 おやつを使って褒めて行動を強化する、と思っている方が多いです。 そういう風に受け取れる「陽性強化」であるのですけれど。 オペラント条件付けの正の強化を使う http://blog.kuruten.jp/charlie/141362http://blog.kuruten.jp/charlie/142218 あたりが参考になるかな。 トレーニングとは 犬の取る自発的な好ましい行動に対してご褒美を与えることで その行動の頻度を高くする ものを目指し そして問題行動の矯正とは 問題行動と言われる、すでに定着した不適切な行動には メリットを与えない、か、メリットを取り去る、か その行動以外の好ましい行動に変換する、 で行動を矯正する。 という2本の柱でやっていきましょう、というご提案をします。 そして、私的にここは譲れないというのは 矯正の方法は、犬の感情を考慮して犬の不安感を高めない、ものであること です。 そう、ココとのトレーニングを止めた理由がここにあります。 続きますね。 s-ume011_201403201846594e1.jpg 暑かったです、通うのに。 ココは外でお水を飲まないので、スポイド持参で行ったなぁとか懐かしいですね。 ビルは音が反響するので、ジェット機かな?かなり轟いてかわいそうでした。 ただ、犬が平気なのでむしろ一緒に学んでいるワンコさんがいることでかなりリラックスしていましたけどね。 先生の犬がココを気にしていましたがガン無視^^;してました。 対犬に関しては非常にキャパが大きい子だと思います。 カーミングシグナルも上手に出します。 ただいかんせん人の言うことを聞こうとしない^^;ので、犬っぽい犬ですから。 何も教えていないし(爆) トレーニングに来ているんだよ、がなかなか通じないというか理解できなくて笑えました^^; まあ、楽しい経験でした。 記事は今日は一つ転載しました。