私は社会化のドッグトレーナー

チャーリードッグスクールCDSオフィシャルブログ

【ブロマガ】表情の変化

どこでだったかしら? 何で見たのかな? 犬には表情筋がない、という記述。 検索かけてみます。 ん?探せない、かわりにTOPにこんな記事が出てきました。 http://happylifestyle.com/7791

実は、犬の顔は、人と同じくらいたくさんの表情筋があることが確認されています。 鼻、口周り、頬、おでこなど、かなり人間に近い数の表情筋があるのです。 それに比べて、猫は表情筋が大変少ない。

って。 まあ確かに猫の方が表情の変化は少ないか?いやでもかなり豊かだと私は日々か見ていて思いますけどね。 犬には感情がない、というビックリする考え方が結構最近まで信じられていて 感情がないからその感情をあらわす表情筋がないっていうことなのかなぁとか。 獣医学部や、専門学校ではどのように習うのかな? で、今日は顔の表情についてお話ししますね。 先日の横浜座学の時にご紹介した本はこちらです。
フォックス博士のスーパードッグの育て方―犬の心理学フォックス博士のスーパードッグの育て方―犬の心理学
(2002/07)
マイケル・W. フォックス

商品詳細を見る
第一版が2002年。 私が手に入れたのが10年くらい前かな。 教科書的に読まれている本はこの↑本と この↓本。
ドッグズ・マインド―最良の犬にする方法・最良の飼主になる方法ドッグズ・マインド―最良の犬にする方法・最良の飼主になる方法
(2005/05)
ブルース フォーグル

商品詳細を見る
私は飛ばし読みしたことしかないので^^;いつか(爆)通して読みたいと思ってます。^^; では次に表情筋って何? ということでwikiから。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A1%A8%E6%83%85%E7%AD%8B

表情筋(ひょうじょうきん、英:mimic muscles)は、顔面部と頭部、頸部の一部にある、皮筋の総称である。 喜怒哀楽などの表情を作り出すところから、この名前があるが、眼や鼻の開閉、口で飲む・食べる・吹く・しゃべるなどの運動にも関わっている。 意志によって自由に動かせる随意筋(横紋筋)であるが、他の横紋筋が、骨と骨とを結び、関節を動かす働きをしているのに対し、表情筋は皮膚の付着して微妙な動きをするのが特徴である。すべて顔面神経の支配を受けている。

こう見てくると、 犬は物的な考え方から、表情を作ることはない=表情筋はない、みたいな短絡的な考え方が ネットのなかで一人歩き(今だどこに書いてあったのか見つけられませんが^^;)しているのでしょうね。 飲み食いするのも表情筋。 ないわけがない、ですね。 上のスーパードッグの中でもフォックス生がこう書いてます。

犬の顔の表情は実に豊かで変化に富んでいる。しかし、イヌが一度に複数の感情を表現できることに気づいている人はそう多くない。

で、今日はですね。くじら目についてのお話し。 犬が白目を三日月のように出している目のことを言いますが、検索して出てきた画像を2,3ご紹介します。 images1.jpg あっちへ行け、的目ですね。 images.jpg これは期待感もあり、どうかなぁっって困惑している感じもあり、 100%嫌な感情ということもないような気がするけど・・・。その場で見ていなきゃわからないかもね。 imagesX1ZIJBF9.jpg これはよくある表情ですよね? 「近っ!」みたいな。。。 images3.jpg コーギーちゃんって白目出す場面が多い気がするけど^^; これは、守ってますよね。 渡さないよ、みたいな。 *一旦投稿して読み返してみましたが・・・。 これ、守っているのではないと仮定すると。 おもちゃを横に写真撮ろうか、って言われて「めんどくせーなー」みたいな。 そんな顔? このように見ていると、感情豊かな犬たちの表情をひょっとしたら見落としていることの方が多いのかも と思うのです。 うちの子はシグナルが出せない、のではなく 見えていないだけ、なのかもしれませんね。 どの写真もネガティブな感情を表していますね。 写真を撮る時、このような顔を良くするのであれば望遠とか、カメラ目線を強要しないとかも 大切なのかもしれませんね。