読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私は社会化のドッグトレーナー

チャーリードッグスクールCDSオフィシャルブログ

犬語を引き出す、尊重する

稲毛のすれ違いトレ。

IMG_1081



どちらの写真も後半です。

最初から一斉にこの形で行うのは、酷でしょうね。


IMG_1085

 
急きょ始まった^^;すれ違いトレ。広場ですれ違うのは結構難しいんですね。ハードルを下げるために一組ずつすれ違います。
人間的には集中を浴びないように^^;注目されると緊張するから^^;わらわら~って始めた方が緊張しないかな?と思うかもしれないけど、そのハードルが犬にはきついんですね。
散トレの集合場所に、少しずつ集まるでしょう?ああいう感じ、あれが大切。でいったんどうするんだよ、こうやればいいんだを一組ずつで覚えて、感じて。すると一斉にわらわらしてもさり気なく今まで通りに歩けます。

FBへの投稿ですけど。
犬が犬を気にして、遠回りしたいという気持ちを持つのが本来の姿で。
なかなか特に狭い道でのすれ違いはハードですよね。
でも、多くの犬が年を取り、経験を積むということですね、すれ違いにプレッシャーを感じなくなってくる
と思いませんか?
いちいちつっかかっている犬もいないと思うのですけどね。
楽しい雰囲気の中リラックスした犬たちは、飼い主さんと程よい緊張の中で、ただついていくことが
その時必要なこと、って理解しているんですね。


IMG_1076

犬がそばを通るときは地面のにおいをかいで、平和をアピールする犬。
そっぽを向いて平和をアピールする犬、いろいろですね。
犬が持っているそのアピールを人が引き出す=邪魔しない
そういうリード使いと、過度な制御をしない、ということでどんどん育てていきたいですよね。