私は社会化のドッグトレーナー

チャーリードッグスクールCDSオフィシャルブログ

基礎トレの三項目

小田原お散歩トレーニングも今年の日程が終了しました。

穏やかな一日でした。 静岡から初参加の方と二回目のこぐまちゃんと。 小田原は静岡ではございません(笑)でも箱根超えて、通いやすいかもですね。

チャーリーはとっても自動車嫌いだったので、 お休みの日に限らず、ちょっと箱根まで~って感じでドライブ行って、楽しくお散歩して 酔いやすいのですけど、すっかり自動車が大好きになりました。

鍵の音を聞くと大興奮^^;です。 なので、すっかり支度を終えてからさあ出かける、というように準備が大変だったことを思い出しますね。 今はそこまで興奮しません。

TVに出る動物にも反応して吠えて大興奮でしたけど、いつの間にか、スルーするようになって 「ほら出てるよ、見なさい」^^; と抱っこして見せても、顔を背けて見ないふりをするんですね^^;

気にならなくなったというか、きっと最初は自分の方がスルーすればいい(目をそらせばいいんだ)ということに気づいたのかなぁ、っていう気がします。

では今日は本家ブログでもお話しした基礎トレ三項目についてです。 これは一人お散歩でも、日常でもいつでもどこでもできる練習、取り組みですから 散トレに出られないから、ということは全然関係ないですね。

 

IMG_0912.jpg

そあら君の名前を呼んでおやつ第1バージョン。

IMG_0913.jpg

はなちゃんの第二バージョン。

 

IMG_0916.jpg

市ちゃんの第3バージョン。

IMG_0924.jpg

アレックス君のマグネット。

IMG_0887.jpg

テリー君はオンリードのおいで、でした。 散トレ基礎トレ三項目 http://charliemama.weblog.to/archives/34871365.html と、 オンリードのおいで http://charliemama.weblog.to/archives/34878268.html です。

オンリードのおいで、 というのはオンリードの「盲点であること」が含まれています。 ?

ですよね。 今日の散トレでお話ししましたが 力で何とか=リードを引けば動く犬(30キロくらいなら何とか動きますよね^^;) は、犬が動かない、ついてこない、行きたい方向に動かしたい、行きたくない方向に行かせない、時 思いっきり引っ張っていませんかね? だから? 「オンリードにおいでは必要ない」 っていうのが本音というか、考えたこともないのではないでしょうかね?

服従訓練でもおいでをするときロングリードを使いますもんね、 来なければ引くのね。

強制は嫌、と思っていてもやっていることは強制チックになっていないかどうか?ですよね。 時々検証しましょう。

どんなに小さな犬でも、リードを引かずに誘導したり励ましたり そしてオンリードのおいでのように反射的な動き=条件づけたり をお願いします。

わが家のココは、抱っこされるとみんなと歩きたくてじたばたします^^; プライドですよね。

カフェでも、立たされ坊主(女の子ですけど^^;)のように突っ立ってます地べたに^^; 大型犬のように育てた結果です。

どうぞ小型犬も正しいプライドを育ててあげてくださいね。 だから大きくても小さくても、基礎トレに励んでいただきたいです。

私のお願いする基礎トレは、 古典的条件づけを主体にしていますので 犬に何かをさせて報酬、ではありません。

反射的な犬の動きを形作ります。

ということは、犬の動きを熟知する必要があります。 オンリードのおいでのポイントでもありますけど、 「おいで」 と言ったとき、犬が振り向きました。すると飼い主さんがくるっと背を向けて歩き出しました。

犬はついてきます。 人間がボディランゲージで「行くよ」を教えます。 形は・・・ 「バイバイ(@^^)/~~~」ですよね?

おいでと言っても来ないけど、バイバイというとついてくる、ってよく言われませんかね? ついてきたくなる動き、ということが言えます。

このように、犬が動きやすいような工夫をする、というか人間が犬に倣うという感じですかね。 つくばでのたまさんとあんずちゃんの動画です。 オンリードのおいでですね。 振り向くときとくるっと背を向けるのと、タイミングがいいでしょう? 最後は・・・?

お利口すぎて^^;よしよししているところ^^;

http://youtu.be/XnroX4m0Xag