私は社会化のドッグトレーナー

チャーリードッグスクールCDSオフィシャルブログ

自分で考えられる状態ですか

犬が自分で考えられる状態かどうか?
飼い主が自信をもってできる状態かどうか?

できなければできる方法で。
その「できる方法」は人道的であること。

ということで、多くの場合
食べ物での誘導、が必要になってきます。

誘導というと
どうしても訓練頭では、犬をある行動に導く、だからそれって強制でしょ?
と思うかもしれませんね。

私のトレーニング理論は
ミステリーの様^^と言われるのは、そうじゃないからです。
行動に導く、結果的にそうですが
良い状態=感情に誘導できるかどうか
なんですね。

だから古典的条件づけなんです。これも科学ですよ。
犬は人間のように考えろと言う方が無理なのです。
しかも何度も言いますが、パニクっている時、落ち着かない時に
考えなさいと言うのは酷というものです。
それを思いやれば、酷ではないために使えるおやつ、言葉かけ、体に触れる
すべてを総動員して導ける方法が正しいと言えませんか?

うちはおやつを使わない、指示しない、強制しない・・・
でも犬には迷惑だったりしませんか?
いずれそのように出来るかもしれませんが、その時、その飼い主さんと犬が出来ない方法というのは
酷なんですよね。
だから誰にとっても易しい方法で、その時乗り越えられる、そこから
徐々にステップアップする。自分がそうであったようにみんなそのように成長するわけですから
私のようにやりなさい、は多くの場合酷なのだろうな、と思う次第です。





にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


仙台座学、福井座学お申込み受付中です。
座学バナー