私は社会化のドッグトレーナー

チャーリードッグスクールCDSオフィシャルブログ

柏座学終了しました

初めての試み、動画や写真を使いながら
あーでもない、こーでもない^^;とみんなでいろいろ意見を出し合いながら過ごしました。

昨日こちらでもご紹介した動画を持って行きました。

咬む犬・・・
その結果、ブラッシングもされず遺棄されて殺j処分されそうになった犬。
そのボディランゲージは?
攻撃ですか?攻撃ですね、唸ってます…しかし、その心の奥には?
不安があります。

人の悪行、過去記事ですが、もう一度記載させていただきます。
犬の飼育が(お散歩が)困難になる、その原因として挙げられるもののひとつが引っ張り、ですかね。吠え、というのもあります。
吠えるのなら、吠える対象がいない時間帯にお散歩に行く、という選択肢があるのでそれでもなかなか難しいけれど、飼育の放棄にはつながらないのかもしれません。
 しかし、引っ張りはどうでしょう? お散歩は辛いですよね・・・引っ張られると。危ないし。・・・恥ずかしいし・・・ その結果、強制訓練で、厳しく訓練することを選択したり極端なケースにはお散歩自体を止めてしまう、そういうのもありますね。
そうすると・・・犬は非常に欲求不満を募らせ、その結果突発的な咬みが現れる・・・、ことがある。 犬は食事を与えられて満足する動物ではないですからね。
社会性の動物と言うのは、世界とつながっていないと欲求不満が募ります。イライラを抱えた犬は、いつ時限爆弾が爆発するかわからない状態だったりします。 お散歩に行けない状態、行っても思うように歩けない状態(叱られるし)で犬はイライラが募り何かの拍子に歯を向けてしまうかもしれません。
「犬に咬まれた」「うちの犬が咬んだ」と大騒ぎする。大騒ぎするだけならいいけれど、咬みつきの矯正と言いつつ、体罰を与えられたりクレートに閉じ込められたり無視されて・・・寂しい犬はさらにイライラして攻撃的になったりします。 お手上げの人間は・・・飼育の放棄を選ぶかもしれません。
咬み犬・・・ そうさせたのは?人ではないのか? 犬は何も語りませんので、人はいろいろな悪行を働いてしまったり・・・します。 「この犬咬むんです」と相談されても、犬は申し開きできません・・・咬まれても当然のことを人はしていなかったか?観察してあぶりだします。 これから年末・・・冷たいセンターのコンクリートの上で悪行を働かれてもなお愛している、飼い主さんを待つ犬たちがいることをどうぞ忘れないでください。

・・・

ある飼い主さんが、この犬は咬むと申し立て、その結果犬を強制するための方法が組まれる。
しかし、そういう犬を本当に救うのは、
「私は危険なものではないよ、安心して、君を傷つけることはもうしない」
と、その深い愛を伝える姿なんですよね。
テクニックや方法ではない。
たとえそういう方法があったとしても、私はその方法を選択するよりも、自分の犬に対する力
人間力、飼い主力を高めたいと思う人間でありトレーナーです。
それが人道的、ということではないかなぁ。
そういう熱い思いを確かめ合うようなそんな座学。
私は皆さんを尊敬しています。
深い愛に感銘を受けます。
何もそんなにしてまで・・・と、思う人には思わせておきましょう。
あなたは犬と暮らして幸せですか?
あなたの犬は、それを望んでいると思います。

さて、次は宇都宮。またまた皆さん、よろしくお願いいたします!



今日もよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


座学のお知らせはこちら↓
座学バナー