私は社会化のドッグトレーナー

チャーリードッグスクールCDSオフィシャルブログ

理論

愛情のかけ過ぎで犬がストレスを感じて問題行動を起こす。
だからその愛情を一旦なくして、関係をリセットする。という考え方。

いろいろ突っ込みどころ満載かと思いますが。

ここに来てくださる方は
愛情遮断についてなぜいけないかことについてしっかり考えられる方で
動物福祉や愛護の基本が理解できている方だと思います。

犬に対する思い
http://charliemama.weblog.to/archives/303849.html

このような思い=愛と自然になっているかたは愛情のかけ過ぎがストレス云々を
鼻であしらえるのではないかなぁ。

何度も言っているように
犬がストレスと感じるこちらからの働きかけは、愛ではないでしょう。
おしつけですよね?
それを区別するための、
支配性理論をぶち壊す、過程です。

犬のトレーニングの世界、
イメージや嗜好性で、感性で語る方が多くてなかなか前に進まないケースが多いですが
犬が攻撃行動をとる、と飼い主が言った場合、犬が悪者にされますね?まずはそこから問題の矯正がスタートしますが・・・
私が行う方法はそのもっともっと前。
犬はなぜ攻撃行動に至ったか?その至るまでの過程、感情に踏み込める犬から開かれた人であれと。
そのために、たとえ効果があるとしても、人としてどうか?的な方法については断固、是非を論じたいと思っています。

今日、ご紹介できるかな。
この動画、犬ってこんなにもろくて、でもこんなに素直なんですよ。
自分をありのまま受け入れてくれて、愛を与えてくれる人をただただ待っているのでしょう。




http://youtu.be/u5_frz3hchU


http://youtu.be/M4giaORFP5M



今日もよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


座学のお知らせはこちら↓
座学バナー