私は社会化のドッグトレーナー

チャーリードッグスクールCDSオフィシャルブログ

今日はさいたま座学です

おはようございます。
7月も最後の日。早いですね。

10101275384


今日はさいたま座学。浦和で行います。
テーマは条件づけを一から学ぼう、というものです。

ドッグトレーニング=オペラント条件づけ
と考えられているし実際トレーニングの場ではそれが行われています。
ただし、トレーニングを行う人は犬にどのように条件づけられているか?
この条件づけは古典的条件づけです。

私はこの点を重視した取り組みをしています。

犬が良い子であろうと悪い子^^;であろうと、私たちは自分の犬ですから
愛を持って慈しみ育て指導するわけですね。
与えて与えて、もっと与えて。
そこに引き算は入る余地がない。
与えすぎたから犬がわがままになるという発想から、昨日お話した
ただで物は与えない
という考え方に結びつくのだと思います。

与えようと与えまいと、わがままな傾向の犬はわがままで^^;
わがままを強化するからわがままなんですね。

与えたからわがままになるのではありません、私はそう思います。

犬にとってあなたが、かけがえのない大切な人と条件づけられるような飼育をする。
それはどのように?
もしボタンが掛け違ったらどう条件づけを修正していけばいいの?
そんなお話をさせていただこうと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。