私は社会化のドッグトレーナー

チャーリードッグスクールCDSオフィシャルブログ

(人間の)支配性その厄介なもの

私は社会化のドッグトレーナー もう、バカ犬なんて言わせない
夏目 真利子
文芸社


もうバカ犬なんて言わせない

バカ犬と言わせないためのマニュアル本ではありません。

愛情をこめて自分の犬を「バカ犬」って^^;言う時、でも人から言われると腹が立つ。
そういうバカ犬は、まあ可愛いですけど。

私が問題だな、と思うのは
バカ犬、という言い方に思いやり、優しさがみじんも感じられない場合。

馬鹿だ愚かだ、と言いつつ自分が優位にいたいという心の現れがないか。
それが犬だけではなく対人にも現れやすい、それが
優位的な姿勢で生きる方々の特徴かなとも感じてしまっています。
そうでなければ、匿名性で相手の凹ます仕打ちはできませんよね?
しつけの話が炎上しやすい理由だと思います。

強制の世界の支配性。
陽性強化と言われる中での支配性。
すべて犬云々ではなく人の支配性ではないでしょうか、問題なのは。

犬の問題行動に特化した(社会化も含む)トレーニングを業としていますが
訓練や他の競技などの訓練とごっちゃにされることもありますが、
訓練は訓練でもリハビリ訓練ですので、
優位を捨てなければ弱った心はサポートできません。
まずはこのことをお伝えしなければ、リハビリは難しい、だから
支配性を(人の持つ支配性です)ぶち壊したいわけです。

カテゴリーの中の
支配性理論をぶち壊せ
http://charliemama.weblog.to/archives/cat_29899.html

過去記事を振り返りつつ、暑い季節に申し訳ないですが^^暑苦しいつぶやきを
聞いてやってください。