私は社会化のドッグトレーナー

チャーリードッグスクールCDSオフィシャルブログ

ほらほらこれでも食べて我慢して、はきかないですね

おやつを手にして、「オイデ」って呼ぶとか、いろいろな事でおやつをまず見せて
さあ、さあ。。。みたいに。

でも、その仔にとっては
怖い、というか
雰囲気全部ひっくるめて警戒してしまうわけですよねぇ。

おとり、罠
と感じさせる使い方
になってしまっているというわけですね。

その使い方さえ気をつければ、おやつを使って悪くなることはないわけです。
その使い方を飼い主さんに学ばせなければ、それこそフェアではないと思いますが。
(名前を呼んでおやつはフェアじゃない、なんてコメントが来ました^^;)

吠えをやめさせる、
ハーネス装着
クレートに入れる
爪切りやブラッシング歯磨きをする

おやつを使わないとできない、おやつが止められない(まあやめられなくても
犬が興奮状態でなければ良いと思いますが)
おやつを使っても何か上手く行っているような気がしない・・・
(まわりから「だからおやつを使うと云々言われやすいです)
などなど・・・

人間目線では罠やおとりなどと露ほども思わない事の「前触れ」として使ってしまっていると思います。
ただ、相手は種が違う犬。
してやられた感^^;を嫌うのではないかな?って考えたことはありますか?
毎度毎度、してやられた
人間側は、何とかやり過ごせた・・・積み重ねれば?逃げたいという感情につながりませんかね?

ということまで考えて、犬目線で考えること。
でも・・・汲々としないくらい、にでお願いしますね。(笑)

おやつの使い方を考えてみました。

上手に使って、もっと仲良く暮らせますように。