私は社会化のドッグトレーナー

チャーリードッグスクールCDSオフィシャルブログ

子犬がキュンキュン鳴いて付きまとうのです

子犬を迎えました。または成犬を新しく保護しました。

新しく我が家にワンコがやってきました。
性格にもよりますが、不安感で人に(特に相性の良い人に)付きまとうことが良くあります。

「子犬がキュンキュン鳴いて付きまとうのです」
「トイレにもついてきます」
「将来分離不安になるでしょうか?」

と飼い主さんからご相談が来ます。

不安ですからくっついていたいわけですね。
何を教えなくてはいけないのか・・・
この家にいれば、誰かがいるし、出かけても必ず帰って来るよ。
と言うことを徐々に理解してもらえばいいわけです。
しかも・・・
ついてくる、つきまとう。これは将来的にとても役に立ちます。
私的には、人間に付きまとわない犬の方がトレーニングなどは難しいよ、と考えています。
このついてきたいという
社会欲
を十分に満足させるとき、と言うのが犬を迎えた時ですね。

ついてくるということは見える範囲にいるということで危険がないわけですから、サークルなどに隔離する必要がない、と
考えようによっては、将来フリーにしやすい犬、と考えられます。
犬の良い点を伸ばして、
将来の不安ばかり考えるのではなく(分離不安云々と)、成長すれば必ず待てるようになりますから、
出会って間もない犬を寂しがらせないようにすることの方が大切だと思います。

ちょっとした考え方の転換ですが、大きな一歩だと思います。