私は社会化のドッグトレーナー

チャーリードッグスクールCDSオフィシャルブログ

コンタクトトレーニング

コンタクトトレーニングとは何でしょうか?

カテゴリーをざっと見てくださいね。

http://charliemama.weblog.to/archives/cat_30053.html

アイコンタクトが中心になって来ていますよね?

ここで、
犬に考えさせるとか、自発的とかと混同しないようにしたいですね。
コンタクトトレーニングの一番の目的は
犬が混乱した時に飼い主に助け船を求められるかどうかの基礎をつくること
だからです。

トリック、芸など、出来る環境で出来ることが、混乱時出来るかといったら?
難しい犬は多いものです。
飼い主の声が届かない状態。

お散歩トレーニングは、そういうシチュエーションで飼い主の声を届かせる練習ができます。
お散歩トレーニングでなくても、可能ですよね?
犬の苦手なものの中で、練習するということは誰でも可能です。

段階を考えながら少しずつチャレンジしていきたいですよね。

家の中で一対一の関係とは違い、外では人目がありますからね。
人目があるから失敗が辛かったり、失敗を恐れてチャレンジできなかったり・・・
だんだん、取組み自体から遠ざかってしまいがちです。
仲間がいる環境を作ってくださいねとお願いするのは、この状況を避けるためです。

孤立は厳しいですね。
アドバイスをもらえるために群れるのではなく、自分の逃げたい気持ちを律するためですね。
イライラをコントロールするためでもあるでしょう。私も同じです。
パックで歩く、犬たちのためだけではなく人にとっても心穏やかにさせる素があるみたいですね。


http://www.youtube.com/watch?v=jQ4tWa92AFk&feature=share&list=UUaQ46VSe-8pVe893Z_8AWAw

そして究極のコンタクトは、飼い主の動きに連動すること。
アイコンタクト、というわけではありません。

「ママは行くよ」
「はい~、了解♪」

強制ではない歩行。我々流、リーダーウォークですかね。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ