私は社会化のドッグトレーナー

チャーリードッグスクールCDSオフィシャルブログ

広島散トレ復習【ハンドリング】

黒柴のてつ君のハンドリングを見られた方はよく分かると思いますが・・・
後は自己紹介広場でのハンドリング(ジャックラッセルのジェイ君)

覚えていただきたいことは
●リードを緩める
●止める時はしっかり止める(引くのではなくて止めるです)
●正しくグッパーする

このくらいかなぁ。

長くトレーニングしている方でも私的に合格を出せる方は・・・いないかな。^^;
最後の正しいグッパー
が出来ていないように思います。
もちろんとっさの時の2番目もなかなか難しいかな。
引いちゃってますもんね。
リードを持つ手を固定してグー。グーすれば自然に緩みます。そして、ハンドラーが動いて
さらにリードを緩めるために犬に近づき方向を変える、または次の突進に備える、と言う感じ。
文字で書くと・・・謎。(笑)

YouTubeにはいろいろ歩行動画がありますので過去記事を参考にしてみてください。

冒頭のてつ君。
犬を見ると吠えかかる。前足を上げて・・・
この行動の強化はなぜ起きているのか瞬時に見極めます。
ハンドリングだと思いましたので、変わっていただきました。
てつ君自体に変化はないのです、変化は?ハンドリングだけ。
変わったか?
それはもう。同じ犬とは思えない。もちろんリードショックもNOもないです。
リードワークと褒め言葉(二次強化子)だけなんですね。
これは、飼い主さんにもできるテクニックですから、まずはこれを学んでいただきたいと思います。
オンリードが義務づけられているこの国で、楽しくお散歩するためには必須事項かと思います。




http://youtu.be/eN29sf5rbbE


チャーリードッグスクールには和犬がとても多いです。
またその飼い主さんは、和犬だからコンタクトが取れないとか、
おやつが嫌いとか、他犬種と上手くできないとかはいわれません。
ナンセンスだからですね。
どんな犬も、楽しくハンドラーに集中できます。

動画の説明と、ハンドリングについてまだまだ続けますね。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

にほんブログ村