私は社会化のドッグトレーナー

チャーリードッグスクールCDSオフィシャルブログ

介入のタイミング

座学でも必ず介入のタイミングについてお答えする質問が出ます。
メールカウンセリングでも、そこが一番のポイントになることが多いです。

引っ張り、
対犬、
対自動車、オートバイとか
犬同士の遊び
猫追いとか
・・・
少し複雑ではありますが、対吠え(吠えにも種類があるので複雑なんです)への介入も
タイミングがポイントです。

介入というのは犬同士の遊びだけに登場するわけではありません。

犬のボディランゲージの、
注目
かなり前の動画ですがチャーリーの何かを見つけた時の画がありますので載せますね。

27秒くらいですね。
このくらいの注目度であれば、声でのインターセプトで大丈夫ですね。



http://youtu.be/L3MvGAllLoQ

この時点で介入すべきです。
こちらが様子見で、吠えが出る、突進する、その状態になると止めるのも難しいし
犬に止まるようにというのは難易度が高いからですね。
見させてあげたい、という優しさが、酷なことを求める結果に結びついてしまいますから
早め早めの介入で。

犬の自主性を尊重すると言いつつ、結果双方が難易度の高いことをしなくてはいけなくなる
それは避けなければ、ですね。

介入とそれにすぐに了解できるような関係になって初めて、じゃあ次、犬の自主性に任せてみましょうか
というステップを踏めばいいのだと思います。
まずは興奮にストップをかけてあげて、また興奮が小さなうちに回路を断つ。
断たれたら飼い主に注目できる。次第に飼い主に注目することで興奮が断ちきれる(インターセプト
そこまで目指すことも可能だと思います。

さあ!新学期^^;
どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ