私は社会化のドッグトレーナー

チャーリードッグスクールCDSオフィシャルブログ

叱らないということ

では・・・
転位噛みに見える、若干挑戦的な意思のある反抗(咬み、座り込み)などの対応を考えてみましょう。

から続きました。(↓こちらの本は、教える立場にある方は必須かなぁと。本当の優しさは
自分には厳しい、そしてときに相手にも厳しい優しさだと気づかされます)

叱りゼロで「自分からやる子」に育てる本
リエーター情報なし
大和書房


犬たちの挑戦的な行動は個体差もありますが精神的に落ち着く頃まで何度か訪れる
ご相談の犬たちにはそのような傾向がありますね。(ない犬もいるということ、個体差があるので
少ない頭数を見ただけでは理解できないかもしれません)
ただ、多くの場合は大げさに取り合わず無反応を返すことで、行動は強化されない
そんな風に感じますが、飼い主さんは問題が現れるとびっくりしてしまって、かなり大げさな反応を返している
だから犬たちは自分の行動に意味を持ってしまうのでしょう。

使える技^^;にしてしまっていないかどうか、ですね。

犬は非常にシンプルに物事を観察して、行動を強化(継続)させますから、
犬の今の行動は、やはり私たち飼い主との(環境)やり取りの中で培われたものだと思います。

「まあ、いいか」
ということで・・・
向こうに行きたいんだ、犬が進路を変えた。
「ダメよ、行かないの」
と言いつつ犬について行っていないかどうか。
ダメで、いけない、と口にしたのなら行かせないようにしなければ犬は何を信用すればいいのでしょうか。

好き勝手にさせている人のいう事を今一つ聞かないのは、信用のなさ
なのでしょう。


ブラッシングなど手入れで、犬が嫌そうなそぶりをした
もう少しだけ~、と我慢をさせた、そしてガウッと歯を当てた。飼い主を退けることに成功した。
繰り返されれば咬む事は、犬の中での決まりごとに定着します。

プロというのはなぜプロかっていうと、
上記の犬の間違った行動を強化しそうな場面でも、なだめ方が上手くて犬をその気にさせて
気分良く終わらせるために、座り込みや咬みなどのネガティブな感情が犬の中で浮き彫りになって来ないんですね。
すると、この人といると安心すると感じ
そういう「感じ」が信用になるわけです。

「その行動をしない」、もっと強めの言葉で言うと「許さない」
気持は強くても、言動は柔らかに出来るともっともっと犬はあなたを信用するでしょう。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
犬を飼う、ということは日々実践している、実践家ということ。
だったらより良い方法で犬と対したい、ということですよね。
何度でもお話ししていると思いますけど、犬とお別れの時何が支えてくれるかといったら
十分与えられたか?自分自身の満足度だったりします。どんなに与えてもまだ足りなかった、
そう思うものですから、面倒だ、何もそこまで、と思うちょっと隙間に、犬との色々をはめ込んでみて欲しいです。

応援ありがとうございます!