私は社会化のドッグトレーナー

チャーリードッグスクールCDSオフィシャルブログ

飼い主は犬の心の港

ヴィベケセミナー・・・去年のスカイプセミナーで
ドッグランについてのお話がありました。

ドッグランでは自分の犬から目を放さないこと
犬同士の中には必ず犬のおまわりさん的な犬が出る、
その犬のように人間もランの中を歩き回ることが大切、
というようなお話をされました。

ま、昨日の記事内の↑を受けて、woofトレも行ってみましょうね。
私的には、そのように教わる前からというか、ランの中では犬と動き回っていますから(走り回るということではないです)
「ああ~、そうだよね」
と,とても納得いく内容でしたけれど。

ティーチングに関しても、社会化に関しても、対犬への攻撃性や家庭内での攻撃性に関して
また基本的なオビトレに関しても
色々すべてと言っても良いほどにヴィベケさんの訓練哲学にマッチする自分がいます。
以前から記事で拝見していた通りの方で、もっともっとくっついて学びたいなぁと思っています。

*****************

怖かった、
犬が飼い主の元に帰ってきます。(来ませんか?)
その時適切なフィードバックを返しましたか?どうでしょうか?

これが社会化の基本です。
母犬もそうであるように深い愛情で包み込む。そしてその安心感があるから次の冒険に出られるのです。

飼い主がいて完成します。
社会化の基本ですね。自ら近づく。飼い主の元から、新しいもの見慣れないもの興味を引くもの
自分自身の足で近づく。そして確かめる。
怖くない、怖い、一旦帰ってきます・・・返ってくるのが飼い主の元であるということ。
その飼い主が犬を受け入れられる港でなくて誰が港になれるでしょうか?
これが社会化の基本であり、犬を飼うという基本なのではないでしょうか。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

めんどくさがりな^^;私に昨日はたくさんのポチをありがとうございました。
さて明日の小田原座学に向けて、まとめをします!