私は社会化のドッグトレーナー

チャーリードッグスクールCDSオフィシャルブログ

成長する

お散歩トレーニングは社会化トレーニング
パピーも成犬も老犬も・・・
社会化のために、社会化のやりなおしのために。

一昨日の記事の中、名古屋座学のお話しの中の
とにかく、お散歩時のお悩み
吠え、突進などですね、これについての特化したトレーニング=散トレだと思っています。


だからと言って、吠えや突進のお悩みのない犬と飼い主さんが出てはいけない^^;ということでは全くないですよね。

何が伝えたいのかというと、
吠えや突進(一見攻撃性ですが)を現すと・・・なかなか参加できる合同トレーニングというものがないわけです。
だから本当にトレーンニングが必要な方たちに、トレーニングが提供できない
そういう環境が多いのではないかなぁと。

なぜなら・・・突進吠えによってその犬と、また周囲の犬がストレス過多(ネガティブなストレスが過多状態)で
トレーニング内容が習得できない、と言われているからです。

確かに・・・吠えっぱなし突進しっぱなし、見ていても気の毒ですね。犬も人も。

ただ、そのために普段ブログを読み、カウンセリングを受けて対処を学んでいただき
またそれでも難しい時は私がお手伝いする。
咬みの問題が懸念される場合は口輪も装着で。(口輪を装着させるということで飼い主としての心構え、咬みに対して取り組む姿勢が育つと思います。また時には…投薬も必要になって来るでしょう。ただ、そこまでひどいのかとがっかりされることがないように。これはいつだったか記事にしましたね。いつだっただろう?^^;また探します^^;)

吠えられる側、突進される側にも学びの場です。
スルーを教えるために、自分たちはどう動いたらいいのか、考えて
横向きになるとか、
吠えられてもその場を離れないとか。(吠えれば犬が去って行くという経験による強化をなくしていきます)

色々な犬がいるということを学ぶ機会。
世の中には問題のない子ばかりではないですもんね。
問題があった時も、それを目の当たりにしても
慌てないようにね、犬も人も・・・そういう学びの場。
そして・・・正しいアドバイスをし合う場、です。

9月10月予定が立っています。
チェックしてお早めにお申し込みください。
http://charlie.doorblog.jp/