私は社会化のドッグトレーナー

チャーリードッグスクールCDSオフィシャルブログ

座学@練馬・支配性理論をぶち壊せ

8月10日(金)
練馬座学が終了いたしました。
暑い中、参加された皆様お疲れ様でした。

会場の大泉学園駅にはお初でございました!
って言うか、西武新宿線に乗るのは2度目^^;
会場の手配そしてくださったMさん、幹事のぶん太ははさん、色々ありがとうございました。

テーマは

支配性理論をぶち壊せ
カテゴリーがあります。
http://charliemama.weblog.to/archives/cat_29899.html

書籍「社会化のドッグトレーナー」のテーマでもあります。

なぜにそこまでムキになるか・・・^^;ムキになっているわけではなくてですね、
アルファ論(支配性理論)があるからこそ、
犬を下位におくことで、家庭内の順位を安定させる。そして・・・安定によって
犬の問題行動はなくなる。
と信じられています。
犬が飼い主をなめる。
犬が自分を上だと思っている。
だから、咬んだり、吠えたり、叱ってもいたずらをやめない・・・
指示に従わないのは、飼い主を下に見ているからだ、と。

犬はそんなことを思ったり感じたり体現したりする動物でしょうか?
犬が慢性的人とのコミュニケーションがうまく行かないイライラを募らせて、
人の指示に耳を傾けることを選択していない、人がそれを育て来なかったから。

支配云々ではなく、きっと根っこはこういう事ではないでしょうかね。

この理論を根底から覆すことができたら、
力で犬を支配することも、犬にありがたみを知らせるような人間的には反則技も
使わなくて済むようになるのではないかなぁと、そんなことを思います。

これからもずっとずっと考え続けて、伝え続けていきたいことだと思っています。

サクラのははさんが作ってくれたtwitterbot
私の記事からの言葉とその言葉の元の記事のリンクがツイートされます。
ぜひフォローよろしくお願いいたします!

心を育てる犬育て(叱り怒鳴りは不要です)
@inunoshakaika
https://twitter.com/inunoshakaika


応援ありがとうございます!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ