私は社会化のドッグトレーナー

チャーリードッグスクールCDSオフィシャルブログ

声の出し方でコミュニケーション力アップ

http://charliemama.weblog.to/archives/302756.html

ONとOFFのワード検索
http://charliemama.weblog.to/search?q=ON%E3%81%A8OFF


をするとたくさん記事が出てきます。

何がONで、何がOFFか。
興奮させやすいか、落ち着かせやすいか、
の声の出し方、というお話です。

************
ONにするためには、大きな声で短く、高めの声で。

OFFにするためには低い声で、普段しゃべるより、
母音を伸ばし、何度もくりかえさない、ひとことで。

これは犬に遺伝的にプログラムされた音の読み取り方、
だそうです。

***********

トレーニング=訓練という考え方から、指示を出す時
なりきってしまう方が^^;まれにいらっしゃいますが・・・
大きな声で威圧的に、しかも訓練ではNGとされる同じコマンドを何度も発する・・・
訓練がなっているかなっていないか、まずはそこからでしょうとも言えてしまうような
やり方になってしまっている方は多いですね。
普通で良いでしょう。
ただし、テンション上げ上げでプチパニックの時は、わざと高めの声で注意を引きつけます。
OFFの声では届かないんですね。聞こえない。
引きつけておいてから、クールダウンさせましょう。

また、どんより沈み込んでいる子の場合・・・人情的には優しく語りかけたいですよね。
でも、高めの楽しい声で気分を盛り上げてあげたほうがいいと思います。

どちらにしてもちょっとまずいのは・・・超音波的な^^;声。
よく通るけど、犬はびっくり(中にはいらっとする犬もいます)してしまうようです。