私は社会化のドッグトレーナー

チャーリードッグスクールCDSオフィシャルブログ

あらっ!?一気に突進し始めました!


お題の・・・

あらっ!?一気に突進し始めました!

27秒頃でしたね。



http://youtu.be/1mHUUpG7KAE

私も動画を見て、しかも2~3回くらい見て初めて「ん?」って。

落ち着いていたはずなのに何がきっかけなんだろうと・・・



多くの場合
飼い主さんが後ろでリードを握っている
リードのテンションがかかっている
引っ張ったり突進する、または吠えると「NO」という制止の声がする
自分はどんどんパニックになってテンションが上がる=気分が悪い

全部が一緒くたになって、気分の悪さ、または飼い主の後ろ盾があるという感じ(=強気)
が相手と対提示されて
問題である行動はどんどん強化されます。
だから、慣らそう慣らそうとして失敗すれば「NO」というのは・・・
犬にとって苦手意識を強くさせているのですね。

犬はすべてひっくるめて条件づけているのでしょう。
その場所かもしれない、飼い主さんの慌てた声かもしれない


叱る声も「もっと強くなれ」と励ましていると受け取るのかもしれない。
犬ですから。

だからリードを緩めましょうとお願しています。
リードをオフにしたとたん、突進しないで(できずに)飼い主さんの後ろに隠れるっていう光景を
一度はご覧になったことがあるでしょうか?
リードをオフにすると歩き出す、ということもあります。
どんなにリードを緩めても、犬にはオフかオンかはわかります。
リードを緩めてなお、犬に肯定感を与える行動、言葉かけをすることで、犬の思い込みや
悪い感情をなくしていきましょう、というご提案です。

リードを引かれて「NO」が、
もっと吠えなさい、相手を追い払いなさい・・・そういう思い込みはないか?
今一度観察してみていただきたいと思います。