私は社会化のドッグトレーナー

チャーリードッグスクールCDSオフィシャルブログ

そこにいても気にならない

秋田犬の永遠ちゃんとの基礎トレは、名前を呼んでおやつ3バージョンと
おやつを使ってのマグネット。そしてそれの応用。
そして・・・万が一^^;犬と対峙した、挨拶しなくちゃいけない時が来た時のリードの持ち方について
尋ねられましたのでアドバイスさせていただきました。


115


興奮にストップをかけるための基礎トレーニングです。
犬にとって、ターゲットを作ってあげるためのトレーニングです。
脳の状態が辺縁系にシフトされきっていると声が届きません。
何より、次からその状態に容易に入るようになる。スイッチが入りやすい状態になる。
だからこそ、ターゲット=お守りに集中をさせます。

以前・・・チャーリーのトラウマによる吠え(というか雄叫びに近い、絶叫というか。。。)に
一切の犬を避けている時期があったと記事に書いたことがあります。
結果はどうなったか?
・・・
この社会、一切犬を避けることは出来ないので、
突然の遭遇で、絶叫が何倍にも増幅されました。死ぬかと思った、大袈裟ではなく。
チアノーゼになっちゃうんですね。
でも、
不思議なことに・・・獣医さんに行くとどんなに犬がいても気にならない
それどころか、自ら近づき
「ここは怖いよね?」
と相手の犬を煽り立てる^^;。そういう様子を見せるんですね。
犬以上に気になるものがあるから、どうでも良い。そんな感じ。

人が苦手な犬が、人混みの中では意外に平気なのに、広場にポツンポツンといる人には
狂ったように吠えかかる・・・
そういう事は見たことがないですか?

集中してしまうからなんですね。吠えかかる対象に。
で結果吠えが興奮を呼び、何で、何に吠えているのか自分でも分からないパニック状態になる、
のではないのかなぁと考えています。

お勧めのカテゴリーです。
http://charliemama.weblog.to/archives/cat_29939.html


続きますね。


おかんさんのブログ。記事ありがとうございます。
http://doghina.blog99.fc2.com/blog-date-20120123.html
ちゅんままさんも、ありがとうございます。
http://chun2toypoo.blog99.fc2.com/blog-entry-172.html




にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ