私は社会化のドッグトレーナー

チャーリードッグスクールCDSオフィシャルブログ

はったりではなく^^;叱らない

叱らないでしつけられますよ、言う理由は、 名前を呼んでこちらに集中させて 「どうするの?」 で正しい行動に誘導させる。 で、しつけられるからです。 犬には、行動と行動とを結びつける能力が人ほどに発達していません。 犬は言葉が分かるよ、言えばわかる・・・だから叱ればわかる、と そういう理論を展開される方も多いのですが、 そんなに理解できるのなら 叱らなくても誘導できませんかね? 自分の叱ってしまう行動を変えられないから、ではないか。 犬は言えば分かるよ、という考えは ややもすると人が、言っても分からないから叩く、行動の正当化にすり替えられる のかもしれません。 言えばわかるのに、言っても聞けないバカ犬だ、と。 犬を理想化するのは聞こえはいいけど、犬にとっては、はなはだ迷惑だったりしませんかね。 叱らないで接してしかも理想化されるのが・・・人も犬も理想ですかね。 そうなったら幸せなんだろうなぁ。 後、叱らないでの主張は 自分自身もそうですが、戒めとして持っていないと ガンガン叱る自分を作ってしまうんですね。 あれもこれも叱りたくなる。 叱りは正当化される、そして・・・歯止めが効かない。 叱る人は、褒め方がわざとらしいです。^^;また、実際褒めていないの。 記録されると良く分かりますよ。 注意や叱り言葉ばかり出ているということが。 褒め方は・・・さり気なくでもいいから、まずは叱らないで行ってみましょう。 子犬の頃からそうやって努力すると、犬育て大きな間違えは起きないと思います。 トレーニングの予定はこちらでご確認ください チャーリーしつけトレーニング教室 小田原でのお散歩トレーニングは今週は中止いたします。 プライベートレッスンにつきましては通常通りお受けしています。
【オンライントレーニングスクール】 チャーリーママのオンライントレーニングスクール オンラインドッグスクール メールカウンセリングはこちらから。http://blog.kuruten.jp/charlie/150113 携帯からのポイント購入が出来るようになりました。携帯からご購読の手続きOKです☆ mglogo_normal.gif メルマガ3月3日創刊! サンプル号はこちらでご覧になれます。 http://www.mag2.com/m/0001246210.html