私は社会化のドッグトレーナー

チャーリードッグスクールCDSオフィシャルブログ

タンタンマーク♪からOKへの流れ

以前10歳のワンコさんのハウストレーニングに行ったときのお話を。 オンラインスクールの記事から抜粋します。 12月13日の記事ですね。 ・・・ ハウストレーニングですね。 どうして10歳で?「今さらですが・・・」と仰っていらっしゃいましたが、 理由があったのです。 昔、キャリーに無理やり入れて、3日も慣らすためといってトレーニングしちゃった。 それで、箱に入れられること一切大嫌いになってしまった。 おまけに分離不安もある。 (省略) 違う場所に預けるにしても、まずはキャリーやケージに慣れさせないと・・・ というご依頼でした。 まずはおやつを使った簡単なゲームをします。 犬を動かして、リラックスしてもらいますね。 まあ、飼い主さんとのカウンセリングの間、たいていの犬は私の隣で伏せっていますから それでリラックスしていることは分かるんですけどね。 タンタン♪おやつ、をまずやってみました。 驚いたことに、トレーニングらしいことは何もしてこなかった10歳の犬が タンタン♪を聞いた時、ハッとした顔をしたんですね~。 すごい衝撃的!って顔。 これを見て、こんなに衝撃を与える音は合図ではもったいないよね、と改めて思ったわけです。 正解を与える褒めの音、最強の音に使わなければもったいないと。 お座り、タンタン 伏せ、タンタン 立って、タンタン 手の動きに合わせて、ついてくるついてくる。 しかもすごい集中力。飼い主さんはそういうわが仔を見ると、どうしたって 涙腺が緩みますね。 犬と暮らしていて幸せだな~と感じる瞬間ではないでしょうか。 キャリーとケージ、双方におやつを投げ入れて、自ら入る練習をします。 飼い主さんがやると、後ろ足が微妙に残って入らないんですよね。 それは? 以前無理やり入れたから。 私はふた(扉)を閉めません。しめる人ではないので犬は安心して 中に入っちゃうんですね。 だから、人は無理やり犬に何かしたらダメなんです。後遺症がどこかで出ますね。 自分から入る。 不安にさせるようなことをしない。 ケージに入った、でも出て来ないのね・・・閉じ込められる不安感がないから。 そこまで出来て初めて、少しだけ扉を閉じます。 そしてすぐに開ける。 不安でキューンキューン言わせたら失敗。もちろんがりがりひっかくのも失敗。 そういう不安から出る行動が出る前に、犬を出す、事が大切です。 中にいても不安を感じない。その時間をどんどん長くしていき、 出来ればその中に入りたい、と思うまでおやつ投げゲームをする。 次の段階としては、 「ハウス」のコマンドをかけておやつを投げ入れる。 投げ入れる動作でハウスに入れるようになってきたら、「ハウス」のコマンドだけで 入るかどうかやってみる。 で、ハウス、というのはハウスに入り続けている、ということを教えたいので お座りと一緒で、1秒数えて、解除の合図を出して出させておやつ。 だんだん時間を長くしていきます。 長く出来たら、上からおやつを入れられるケージでしたら上からおやつをバラバラ落とします。 おやつが次から次へと降ってくる・・・状態。 まるでケージが魔法の箱、であるかのように演出してあげてください。 これを続けていると、入っている時にリラックスできるようになると思います。 筋肉が緩んだ状態です。 そうすれば、扉を閉じても、大人しくしていられるはずだと思います。 犬によってリラックスできる時間に差があると思いますが どの仔でも可能なトレーニングですので、ご相談された時にはぜひご提案してくださいね。 あ、ついでにハウストレーニングのお話になってますが、タンタンマーク♪のお話です。 母音が犬には拾いやすいのでしょう。 運動経験のある方にはわかりやすいかなと思うのですが・・・ プレー中にホイッスルが鳴った時って、体に(脳に)電気が走りませんかね?(爆) あんな感じでしょう。 では小田原の散トレでの動画をご紹介します。 簡単ですから皆さんもやってみてね。 ブログランキングのバナーです。励みになりますので良かったらポチッと クリックお願いします。
犬 しつけ・訓練ランキング 人気ブログランキング 人気ブログランキングへ
【1月の予定】 1月8日(土)・11日(火)・14日(金)・18日(火)・22日(土)・25日(火) 30日(日) 開始時間:午前10時開始 集合場所:小田原城址公園二の丸広場 *予定日時が変更になっています。ご確認よろしくお願いいたします。
【オンライントレーニングスクール】 チャーリーママのオンライントレーニングスクール オンラインドッグスクール