私は社会化のドッグトレーナー

チャーリードッグスクールCDSオフィシャルブログ

OKまで待てるかな?

OKの解除まで待たせる。

こう聞くと、なんだかこちらがそわそわしてきませんか? 「え~!!!うちの子は絶対に待てない」 って。

それは今まで 待ってと指示して(指示というほど大げさでないかもしれませんが) 不安の中待たせた、とか 辛抱させた、とか。 不安感で犬が気分悪くなるまで待たせたとか。(よだれやパンティング(心悸亢進))

そういう経験=マッテになってしまっているから 絶対に待てない、と思われるのではないでしょうか。

待てないから閉じ込める作戦を行う、行った、ということをお聞きするとき 気分の悪くなってしまう犬は、その方法は絶対にやめてほしいなと思うのです。 色々なことが完璧でも、 ママを期待心で待てる、その経験がないと 分離不安気味にさせてしまうのでしょう。

分離不安は当然起こりうるもの。だって離れていたくないから。 でも、この世の中、暮らしの中で、離れることの方が多いわけですね。 たとえば・・・トイレにいくときなど。 犬にとって人がトイレに立った、と思えるか?ひょっとしたら永遠の別れに感じるかもしれない。

必ず帰ってくる、だから再会を楽しみに今は一人でいてね、 を教えることが 犬に不安を抱かせない方法ですね。 待つ自信、ですかね。

これの下準備、基礎固めとして、OKまで待つ、を短時間から再トレーニングされてみてはいかがでしょうか? ごう君とごうのお母さんのトレーニング風景です。 舌べらクリッカー、良い音してるね♪