私は社会化のドッグトレーナー

チャーリードッグスクールCDSオフィシャルブログ

犬は友だち

犬と散歩するとストレスが和らぐ! 

副交感神経が活性化――酪農学園大学が確認 http://medical.nikkeibp.co.jp/inc/all/hotnews/archives/376758.html

 

お散歩トレーニング後、犬がお家でぐっすり眠るのは 疲れるからではなくて、交感神経緊張がほぐれて副交感神経が優位になるからではなかろうか?

犬に何かをさせて疲れさせる・・・

こう考えるよりも ストレスを発散させて、穏やかに過ごせるように こう考えた方が健全でしょう。

交感神経優位になりやすいこの社会で、くつろぎをメインに。

何もしないことのメリット、もっともっと考えてみたいです。

まあ、お散歩トレーニング何もしないわけではございませんで(爆)

つくばではいろいろ復習やら実践やらで楽しく過ごさせていただきました。

改めまして、ご参加くださいましてありがとうございます。

 

私たちは楽しみのために犬を飼うことを選択しました。

そこで、楽しくないことが起こるから 悩んだり凹んだり取り組んだりするわけです。 そして犬は・・・認められること、安心できることを求めています。

そのために私たちは正解を与えてあげる、これが犬にしてあげられることではないかな。

言葉が理解できない、 生活様式、当然行動様式が違うので、戸惑いだらけの人間社会で、 自分の頭にピーカンと光る正解を求めています。

嘘じゃないですよ。

この「光る正解」が犬との共通の言葉の代わりになるもの。 だから、正解を与え続けましょう。

では、ハク君のピーカン光った瞬間の動画をどうぞ。 まるで私がトレーニングされているかのようでしょう? 共同で何かをするって・・・こういうことかな。

 

動画をお借りしました。

ハク君は対犬に対して、自信のある犬だと思います。

ただ・・・これは取り組みの結果です。

保護されたハク君を引き取って、しばらくして馴染んで、問題が出てきた。

これは想定内ですね。

馴染んでくるから出る問題です。

問題が出せるほど馴染んだ、ということ。 攻撃的に見える犬への問題を、叱らない、という飼育で頑張ってこられました。

そしてここに、彼の姿があります。

人は教えることができると思います、ただし・・・時間はかかる。 人にはできないと思い込んでしまうのは、時間がかかって人が辛抱できなくなるからではないかしら?

人は教えられますよ、 これは希望だと思います。犬飼いとしての希望ですかね。