私は社会化のドッグトレーナー

チャーリードッグスクールCDSオフィシャルブログ

パニックしているのに罰してどうしますか?

011_20100522113727.jpg 広場に到着したチャーリー。高揚感から尻尾に花が咲いた状態。 お散歩トレーニング、 一本の道を黙々と歩いた後、広場にかえって来たとか 途中広い所に出た時に、 犬は気分が高揚して走り出す、という経験ありませんか? しかし・・・ たまに、広場での高揚感が、リード噛みやら飛びつき、噛みつきに 転位する犬をご覧になったことってないでしょうか? 「広い、広すぎる!」 というパニックですね。 情報処理が上手くいかないのでしょう。 これは何も、広場に出た時だけに起こるとは限りません。 そう・・・ お散歩に出かける時、家から出ますよね?外へ。 その時も起こり得るんです。広いから。解放的ですよね。 ストレス症状ですか?と心配なさる方がいらっしゃいますが どんなにストレスのかからない生活をしていても、 脳がパニックを起こす=脳が未熟=(機能的に成長の余地あり・かな?) であることのストレスですので、 転位的な行動は出てしまうのですね・・・ こういうパニック的行動、 情報では 「飼い主を思い通りにさせようという支配性の現れ」 とか何とか書かれていますので、 飼い主さんは 「当然叱ります」 となる。 飛びつけばリードショック、リードを噛めばリードショック 噛みつけばリードショック・・・ パニック脳は、ビリビリ過剰な興奮を余儀なくされます。 それを抑えるためにさらにショック。 それでも聞かなければ吊りあげたりするか・・・ 行動が止まるのは一時的に情報が遮断されるからです。 それが有効と思うのは危険ですよ。 ショックという力、は脳の古い部分にしまわれてしまうことをご存知でしょうか? そうでなくても未熟な脳に、 脳に悪い記憶をどんどん作る・・・壺が満タンになった時? 想像しただけでも恐ろしいですね。 原始的な犬種(プリミティブな犬種)は特にトラウマになり易いそうです。 嫌な記憶が脳におさまるのが早い。 その記憶は、 匂いとか、情景、嫌なことが起こったその時と酷似した環境下で 一瞬にして表に出てくる、ということです。 これは、反射ですから、犬の意思には関係しません。 脳の壺、キャパは個体差がありますから、その仔には平気でもこの子には十分トラウマになる ことも考えられます。 脅しではなく言ってしまいますが 一回のリードショックでリードを見ると狂ったように吠えるようになった そんな例もあります。 私たち人間は愚かではいけないですね。 こちらと 人気ブログランキングへ こちら にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村 お手数ですがポチポチと2回、「読んだよ~」のクリックお願いいたします。 参加者募集中♪ 秋ケ瀬公園お散歩トレーニングhttp://charlie1210.blog113.fc2.com/blog-entry-1127.html 稲毛海浜公園お散歩トレーニングhttp://charlie1210.blog113.fc2.com/blog-entry-1126.html トレーニングの予定 【5月のお散歩トレーニングの予定】 5月1(土)・8日(土)・15日(土)・22日(土)・29日(土)・:開始時間は午後2時です *22日は中止します 【5月の基礎トレーニング】 5月12日(水)・14日(金)・18日(火)・19日(水)・25日(火):午前10時から2時間程度 【6月のトレーニング】 6月1日(火)・5日(土)・8日(火)・9日(水)・12日(土)・15日(火)・22日(火) 23日(水)・26日(土)・29日(火) 時間:火曜日と水曜日は午前9時から    土曜日は午後3時からです。