私は社会化のドッグトレーナー

チャーリードッグスクールCDSオフィシャルブログ

インターセプト

犬と犬の緊張感が高まった時 犬が間に分け入る行為をします。

それをされると瞬時に緊張が解けるのを見た方は多いと思います。

http://www.youtube.com/watch?v=Qch1VChCvkQ

人もそれを真似することは可能です。

それどころか、 人が犬の行動を真似する意味は それ以上に大きいと私は思っています。 というか、希望ですかね。

言葉の通じない相手だからさげすむ、 自分たちだけの文化に固執して、動物たちの営みの尊さが理解できない人が多く それゆえ、人も生きにくい時代、生きにくい世の中・・・ 私は、犬たちの言葉による会話のない生き方を見ていると 心底ほっとできるのですけど・・・ これまた、宇宙人の発言なのかなぁ。

人が分け入ることで 分け入って緊張を解くだけでなく 人に注目させる、従わせて安寧を与える。 それがインターセプトに期待する効果です。

心に働きかけたいのね。

 

 お散歩トレーニング、擬似的な群れ状態の犬たち。

トレーニングの長い犬たちは、新しくやってきた犬にも過剰反応しない そういう穏やかさが育っています。

チャーリーのように年をとっていると(笑)順応性の部分に欠けますので 新しい犬が登場した時点で吠えが出ますね。

吠えが出たら? 迷わずインターセプトします。

犬が突進してしまうような時は、リードを持つ手をお腹のところで固定して 犬の前を何度も自然体で横切るようにします。

それだけで、吠えていた犬の気持ちが落ち着いてくる場面を何度も確認しています。 飼い主さんがバタバタ慌てない、あくまでも自然体で。 これがポイントですかね。

では明日は、インターセプト上達のためのリードさばき&歩行についてお話ししますね。 毎日練習することが大事ですよ。