私は社会化のドッグトレーナー

チャーリードッグスクールCDSオフィシャルブログ

最近のお散歩トレーニングから

005_20091216194427.jpg

 

12月15日(火)のトレーニング ちょっと早いけど、今年のお散歩トレーニングの総括的お話を。(笑)

(実は昨日のお散歩トレーニングに、帰国なさったばかりの smallcountryさんと、TARO君が参加してくれました。

総勢17頭・・・う~ん、いらっしゃることは告知していませんでしたが・・・ 最初のうちこそ、慣れない場にナーバスになっていましたが 直に慣れて、楽しそうに歩いてましたね。小田原を気に行ってくれたかしら?)

お散歩トレーニング、 お散歩の技術を身につけるものでなく、 犬慣れ人慣れにとどまることはありません。

このトレーニングの目的は あなたと犬との絆を深めるためのもの、です。 多くの犬、人がいる中でも 飼い主さんの呼びかけに応えられる・・・関係ですか? 興奮しすぎを止められますか?

その時に、叱らないでリードで引きすぎることのないように、できますか?

ガウガウワンコさんも、 犬の中で、飼い主さんに集中できれば、 ガウガウ言っている暇はありませんよ、理想的には ということ。

犬同士遊ぶだけが犬の楽しみではなく 人が好きでなくても、人に触られなくても 飼い主さんが撫でてあげて、それが喜べるのならばそれでいいのではないですか? ということ。 では、お散歩トレーニングでなくても一人でも大丈夫では? もちろん!

このようなトレーニングが受けられない方の中には、今でもお一人で コツコツ頑張っていらっしゃいます。 ただ・・・ ふっと・・・心が弱くなる時、誰かが支えてあげないといけなかったりします。

だから、 お散歩トレーニングは、実は飼い主さんの拠り所であるのでしょう。 参加できない方は どうぞこのブログを拠り所にしていただきたいです。

メールでもかまいません。

飼い主さんのための場所、トレーニング。 まずはリード使いからです。 それが出来て初めて、オンリードのオイデ、脚側へ誘導、脚側の歩行を始めます。

リード使いが荒いと、 犬はしぶしぶ動きませんか? それが服従訓練だと、思っていませんか? そら母さんが撮ってくださったリード使いの動画です。

ご覧くださいませ。

http://www.youtube.com/watch?v=SkTtZo_xXl8

服従ではなく、期待感で動く。

そんな期待を寄せてもらえる飼い主になる場所、それがお散歩トレーニングです。 飼い主さんがいろいろなタイプの犬を見て学べます。 学ぶことによって、犬と触れ合うコツがつかめます。 つかめると?犬に好かれる動きが出来ます。そうすると・・・ 犬は警戒しないんですよね。 頑張りましょう!