私は社会化のドッグトレーナー

チャーリードッグスクールCDSオフィシャルブログ

続・思春期さんこんにちは♪

021_20091203073035.jpg 多くのご家庭の問題をお聞きしていますと・・・ 家庭に迎え入れた時は、それはそれは可愛くて 壊れてしまいそうな命に、けっこうおっかなびっくり、 褒めて育てる、ということが言われていますので、 叱らない、ではなく叱れない、方が多いですね。 または・・・叱れるけど,叱っているのではなく怒っている方が多いです。 叱る、というのは行動を止められなければいけないのね。 行動を止めて、次に考える余地を残しておけるものでないと。 怒りは、 行動も思考も停止させます。 正しい行動を自分で考えることが出来ない。 指示待ちの状態。 ・・・ なので、正しい行動に結び付けられないものは 叱りとしては不適当だ、ということでしょう。 我が家のように、何年も、何頭も飼っていると 甘噛みが強い仔ならば、ひっくり返して、噛みつき返して 転げて覆いかぶさってヘッドロックに・・・そのまま眠る・・・ みたいなことも、自然の流れの中で出来てきますが。 ただ、歯は尖っているので傷だらけですよね。 打ち身や青あざなんて毎日更新! 正直に言うと、叱るとか叱らないとか、深く考えたこともなく 自然に、付き合えるようになってきました。 自然体。 子犬の頃から体当たりで飼育して その中から絆が生まれるのです。 体当たりをせずに、犬が抑制を教えられず、 思春期を迎え、 ただでさえイライラするので、余計にいらつく犬を目の前にして飼い主さんは大慌て。 6~7か月を過ぎ、訓練適応期といわれる時期になっていますので、 強制訓練に入る犬もまだまだ多い。 初めて叱り(教育ではなく、罰という叱り)を受ける犬たち・・・ 混乱の始まりであることが多いです。 思春期、といわれる時期までに、脳の配線を出来るだけ良い状態にするために 興奮の抑制をすることをお勧めします。 いけない行動は、興奮を伴うか、執着を伴っていますので まずは我にかえす。 そのことに集中して、社会化期を過ごされると、思春期にも立ち向かえるのではないでしょうか。 もう少し続きます。 いつも応援ありがとうございます にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ あなたにとっての動物愛護へ
あなたにとっての動物愛護
     こちらで新しくトピックを立てました。 お勧めサイトの紹介コーナー 愛護に関するお勧めサイト、や紹介したいブログや活動を どんどん書き込んでください。 お勧め動画等もOKです。
トレーニングの予定       http://charlie-dog.jugem.jp/ 12月の予定を立てました。ご確認ください。鬼が笑いますが1月の予定も立ててあります。