私は社会化のドッグトレーナー

チャーリードッグスクールCDSオフィシャルブログ

インターセプト

010_20091121103005.jpg 人間には伝えられないこと・・・ 人間には分からないこと・・・ 犬たちを見ているとそういう理解のひもがプツンと音を立てて途切れる そんな瞬間も・・・あります。 どうして噛むのか、 どうして吠えるのか、 どうして? 分からないこと、分かってあげられないことで 気持ちが沈んだり、イライラしたりします。 犬同士だったら、そんな不理解もなく、上手くやっていけるのかな? いやいや・・・ 犬同士にも分からないのかな? ・・・ とか、考え込んでしまうこともあったりします。 しかし、 人と犬がともに生きていて、 苦しいことや、悲しいことや、すべて一緒に背負って行かなくてはいけない そう考えると、 犬の行動、なぜか理解できない行動も 私たちが止めてあげなければいけないのかな、と思うわけで・・・ 受け止めて、ではなく行動の制御、です。 ではどうやって止めるか? 叱ったり、叩いたりすれば、止められるのか? たとえ止めたとしても、もっと酷くなったらどうするのか? 人も、犬の方法を真似るべきなのですよね。 犬の方法? 小さなココも、気迫で相手を一蹴しますよ。 噛むことも唸ることもせず、相手を退けます。 気迫。 叱らない、褒める、にこだわり過ぎて この気迫がない飼い主さんが目立つのかもしれない。 インターセプト http://charlie1210.blog113.fc2.com/blog-category-56.html いろいろな場面で登場してきますが、 この意味は、犬の意識・集中を途切れさせる、ということです。 対犬に吠えや唸るのであれば、その気持ちを途切れさす。 飼い主さんに要求の気持ちが強いのであれば、それは通じないことを示す。 インターセプトは「球技で、相手側のパスを中間で妨害し、ボールを奪うこと。カット。」 という意味があり、インターネットの業界用語では介入というような意味があります。 犬が興奮状態の時 その意識を妨害する、人が介入して興奮をおさめる、興奮をカットする というような意味で私が使っているものです。 もう少し考えてみますね。続きます。 いつも応援ありがとうございます にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ あなたにとっての動物愛護へ
あなたにとっての動物愛護
     こちらで新しくトピックを立てました。 お勧めサイトの紹介コーナー 愛護に関するお勧めサイト、や紹介したいブログや活動を どんどん書き込んでください。 お勧め動画等もOKです。
11月のお散歩トレーニング・基礎トレーニングの予定はこちらでご確認ください。          http://charlie-dog.jugem.jp/ 12月の予定も立てました。ご確認ください。 変更があります。ご注意ください。 トレーニンング開始時間は11月24日(火)は午前9時 25日(水)は午後1時開始。 28日(土)は午後2時開始です。