私は社会化のドッグトレーナー

チャーリードッグスクールCDSオフィシャルブログ

脚側への誘導が必要なわけ

013_20091103134739.jpg 脚側歩行・・・ 服従訓練として捉えないようにお話していますけど、 普通に犬を飼っている方々にも興味を持っていただけるように。 犬との気持ちのやりとりですので 引っ張りの予防、矯正にもなりますよね。 興奮がマックスになる前に横につけてホールドラッピングすることもできるし。 脚側に誘導するために犬を呼ばなくても リードを持って木になって、リードを手繰り寄せて 犬の脚側へ飼い主さんが移動する、っていうのもありです。 とにかく危険を回避するために、二人でくっつく、その場にとどまったり 道の端っこをちまちま歩いて、犬嫌いの人にマナーをアピールしたり・・・ とか。。。 役に立ちます。 お散歩トレーニングの時、広場でトレーニングしていますが ず~っとそこにいるわけではなく公園内を歩きます。 犬の嫌いな人か、まあ、嫌いでなくてもぞろぞろ集まっていることが邪魔だと感じる人もいます。 小道などは、犬が匂いかぎをしていると、どうしても歩行者はよけて歩く事にもなります。 そういうときは「すみません」と 一言、言うのも練習かとも思いますが・・・ 「そんなところにいると邪魔なのよ」 ・・・って。中には仰る方もいます。 だから・・・ ご自分の犬と、自分が犬を飼う権利を守るためにも、 脚側に寄せる動作は出来ていて欲しいと思います。 そうかと思うと、脚側歩行をさせていると 「まあっ!かわいそうに、いやいやついているじゃないの 前を歩かせて、もっと自由にさせてあげないと」 とかおっしゃる方もいます。 その場のシュチュエーションを切り取って その場だけのコメントをされても困るんですよね。 これもその人なりの正義ではある。 正義ではあっても、言うべき時を間違えると恥ずかしい事だな、 と私は思います。 足を怪我している犬にドッグブーツをはかしてでも外に連れ出したいと思う気持の人に その場面だけを切り取って 「そんなもの履かせてかわいそうに。虐待だわ」 と言う人もいますね。 そういう言葉のほうが人には虐待でしょう!と・・・思ったりもする。 中々難しいね~。 慎ましやかに今日も過ごしたいと思います。(笑) 応援ありがとうございます。 にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
【11月のお散歩トレーニングの予定】 11月4日(水)・7日(土)・11日(水)・21日(土)・25日(水)・28(土) お散歩トレーニングの開始時間は午後2時です(*変更になりました) 【11月の基礎トレーニング】 11月10日(火)・14日(土)・17日(火)・24日(火) 火曜日は午前9時から2時間程度 土曜日は午後2時から2時間程度 集合場所は城址公園二の丸広場。 料金はこちらをご覧ください。 http://charlie-dog.jugem.jp/ (10月より、お得な料金制を導入します。 6回以上参加しようという意気込みのある方は断然お得ですので お問い合わせください) お申し込み、ご予約は前日までにお願いいたします。 メールフォーム、携帯メール、コメント欄、またはcharliemama☆goo.jp(☆は@に変えてください) でご連絡お願いいたします。 折り返し確認のメールをさせていただきます。