私は社会化のドッグトレーナー

チャーリードッグスクールCDSオフィシャルブログ

ゆる~く育てましょ♪

わんこの幸せ寿命をのばす トッピングごはん基礎ブック (GEIBUN MOOK No.681) (GEIBUN MOOKS 681)阿部 佐智子芸文社このアイテムの詳細を見る

ぴぴさん の新しい本が発売されました。 犬猫手作り食&幸せホリスティックケア♪

私はトレーニングも、フードについてもゆるゆる~で行きたいので ホリスティックを学んで得たものは、全体主義が大切、ということかな。

何を食べさせようかときりきりすると どんなに優れた食べ物でも、消化吸収されませんね。

飼い主さんがこれ!と決めた物を、愛情たっぷりの生活の中で与えることが 大切なのかなって・・・ いつも思っていますし、 この本を見ていて再確認しました。

力を入れ過ぎないでね、って言うのはしつけにも言えることです。

何を基準にするか、 それはワンコさんの生き生き度でしょうね。

しつけでしたら、きらきらした目であなたを見るか、 食事でしたら 美しく豊かな被毛と見た目より重い体つき、かな。 全体を見ましょうね。

まずは目の前にいるワンコさんを見てくださいね。

他人や、ネットの情報を鵜呑みにしないでくださいね。 長~く犬を飼っている人は知識はなくても、 犬をよく育てている人が多いのは、犬をしっかり見ているからだと思います。 まずは実践すること。

だから、こういうトッピングのための本は実践しやすく気持ちが楽になりますね。 いろいろ考える時間を少なくして ワンコさんが寝ているときはそっと横で添い寝するとか・・・ 家の中で遊ぶのではなく、お外で一緒に過ごす・・・ それは 心の栄養になるでしょうね~。 飼育本ではおなじみのこちら。

 

ムツゴロウ動物王国・犬がよろこぶしつけの学校 Gakken Mookムツゴロウ畑正憲学研このアイテムの詳細を見る

 

ムツゴロウさんのところのゆるゆる加減も最高ですが、 「おいしい」は「うれしい」 そのことを実証する実験をしてしまうところも・・・笑えます。

大切なのは、命を育てるための核を自分の中にこしらえる、ということ。

イキイキ生きる、っていうことはどういうことか、 共に喜ぶとはどういうことか、その簡単な中に、 しつけや飼育のエッセンスはあると思います。

今日もゆる~く、参りましょう! 注意!(笑)ゆるい、というのは弱々しさではないです。 これは飼育の基本。 右往左往する人に、知らない道を案内されるのは心細くありませんか? 犬たちは未知の世界にやって来て、あなたという道しるべを頼りに生きているのですから 演技でもいいから、凛としてあげてください。

強い人こそゆるゆると接することが出来るのでしょう。