私は社会化のドッグトレーナー

チャーリードッグスクールCDSオフィシャルブログ

目の前をバタバタ歩かれると興奮しちゃうんだよねぇ~

007_20090920130931.jpg インターセプトの時に気をつけていただきたいこと、 に気がつきましたので、今日はこれについてです。 皆さんのコメントとか、トレーニングの時に聞かれることですが 「小さくてすばしっこいので、インターセプトできません」 ・・・ というもの。 確かに、犬の俊敏さにはかないませんよね。 どんなにリードを短めに持っても、すり抜けられてしまうでしょう。 ここで、皆さんの思い込みをちょっと壊していきますよ。 インターセプトは通せんぼ、というわけではなくて 邪魔をする感覚、といっても 犬が時折見せる、[興奮した犬と犬の間に分け入るような形]になればOK。 その応用として 犬の顔の前をあなたの足が通り過ぎればいいのです。 そして、 バタバタした動きに同調しない方が犬は落ち着くはずです。 犬の動きに合わせようとしないで、 自分の感覚で、左右に行ったり来たりを繰り返した方が 犬の落ち着きは早いようです。 速い動きで犬を刺激しないようにする、ということですね。 「落ち着いて」 の意味でのインターセプトですので、ゆったり流れるように動く。 意識するだけで動き方はぐ~んと違ってきますよ。 http://www.youtube.com/watch?v=nGzeEut30bw この動画は以前ご紹介したものです。 はなちゃん、ルナママさんのところに行きたがっていますね~。 突進して飛びついてしまうので、興奮を鎮めるためのトレーニング。 インターセプトです。 小さな子は足の間からすり抜ける・・・ 大きな仔も大変なんですよ。 すり抜ける代わりに突進する。 ゆっくりめに動くことで、足の動きに合わせて犬の方も 左右に動き始めるはずです。 邪魔、というよりついて来させる、という感覚かな。 小股でバタバタではなく、大股でゆっくり、これに気をつけてみてください。 方向転換にも使えますよね? その際、リードを押して緩める、それも忘れないで♪ 普段のお散歩での練習も効果的ですね。 たくさん、褒めてあげてください。 褒めてあげることで、一体感が生まれますよ。 動きを制限されてもはなちゃん、イライラしていませんよね? 絶望(笑)もしていない。 普段からはなちゃんに対して、信用をなくすような行動をしていませんので。 しっかり指示を受け入れてくれていますよね。 ★ランキングで良い位置をキープすることで、飼育に迷う方に 犬に優しい、飼い主さんにも優しい方法をお伝えできます。 クリックのご協力、お願いいたします。      にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
【9月のお散歩トレーニングの予定表】 9月2日(水)・5日(土)・9日(水)・16日(水)・19日(土)・23日(水)・30日(水) *16日から開始時間は午後3時です。 各自ご連絡いたしますが、ご注意くださいませ。* 集合場所は城址公園二の丸広場。 参加費は2000円です。 お申し込み、ご予約は前日までにお願いいたします。 メールフォーム、携帯メール、コメント欄、またはcharliemama☆goo.jp(☆は@に変えてください) でご連絡お願いいたします。 折り返し確認のメールをさせていただきます。