私は社会化のドッグトレーナー

チャーリードッグスクールCDSオフィシャルブログ

ホールドラッピングを有効的に使いましょう

興奮のスイッチが切れる瞬間・・・ 目が違ってきますが・・・ シャイな犬の興奮も(これも脳の興奮ですね、辺縁系の優位になっている状態です) おさまるまる瞬間、体が脱力して、目つきが変わります。 文字通り、我に返る、という瞬間です。 そして・・・それも繰り返し行われることで(克服することで) 興奮を切るための回路が太くなっていく、 ということは言えると思います。 その結果 切れるまでの時間が早くなる。 興奮のスイッチを入れないような飼育ではなくて 入った時にいかに早く正気にさせるか、 をトレーニングするほうが実際的であり 実践的です。 そのためには 若いころから、興奮させっぱなしにしない 遊びを中断する 犬同士の遊びに介入する、 キレた犬を一人ぼっちにさせて頭を冷やさせる、 というようにするといいと思います。 もちろん、ホールドラッピングでの落ち着かせも役に立ちます。 無言でお願いします。 これを、シャイな犬に応用すると?どうなるでしょうか? シャイな犬は自分の殻に閉じこもってしまいますが 基本的に興奮状態ということですから、対処は同じで構わないと私は思います。 辺縁系に支配されて、震えや心拍数の増加がみられるでしょう。 特に、犬は同種に出会うことで心拍数が激増する、ということですので シャイな仔の体の中はストレスでバックバク・・・ ホールドラッピングで じんわりと圧をかけてあげます。 大型犬は体を包みこめばOK。 抱っこできませんから。 ホールドラッピングの時に暴れる、というのは日常的なスキンシップが足りていないのかな? 暴れる、ということは飼い主さんからの働きかけにNOと言っているわけですから まずは興奮状態の時にも触れることを受け入れてもらえるように 毎日毎日、撫でては褒めて、褒めながら撫でまわす・・・ といいと思います。 名前を呼んでおやつ、と理屈は同じこと。 触れられること、名前を呼ばれることも「良いこと」と 強烈にインプットさせるのです。 下の写真はナタリーママさんのホールドラッピング ナタリーちゃん・・・きっとうっとりしているのでしょうね。 脱力してますものね。 20120032.jpg 20120027.jpg 一回やって駄目でも、早々にあきらめないでくださいね。 「うちの仔には合っていない」 ・・・ う~ん、一回で成功するものって・・・あるかな? 信頼関係は○○すればできる、ってものではないですね~。 シャイな犬は、馴染みのものに執着します。 馴染めないものに出会うと、どうしていいかわからなくて、 人がびっくりするような行動に出たりするんでしょうね。 とりあえず、飼い主さんの腕の中で落ちつけられるのであれば それを使わない手はない、そう思います。 ★ランキングで良い位置をキープすることで、飼育に迷う方に 犬に優しい、飼い主さんにも優しい方法をお伝えできます。 クリックのご協力、お願いいたします。      にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へにほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
【9月のお散歩トレーニングの予定表】 9月2日(水)・5日(土)・9日(水)・16日(水)・19日(土)・23日(水)・30日(水) 開始時間は午後4時です。 集合場所は城址公園二の丸広場。 参加費は2000円です。 お申し込み、ご予約は前日までにお願いいたします。 メールフォーム、携帯メール、コメント欄、またはcharliemama☆goo.jp(☆は@に変えてください) でご連絡お願いいたします。 折り返し確認のメールをさせていただきます。