私は社会化のドッグトレーナー

チャーリードッグスクールCDSオフィシャルブログ

歩行トレーニングの心構え的お話し

ある日のお散歩トレーニングでの写真です。

私がリードを持たせてもらっているのは、ルナちゃんです。

この時は、リードをたるませて腰を落としてショックを与えないように 引っ張りを矯正する、リード使いをしてみた写真です。(確か

c9.jpg

ルナママさんのリードは短めなので、スルスル~っと長くすることができませんので ルナちゃんにとってはバリアフラストレーションがたまりやすいです。

そのうえ、下のようになった時に、一般に訓練ではどのようにするでしょうか?

d1.jpg

恐らく・・・ リードにたるみをつけて、次の瞬間、引くのではないでしょうか?

犬に、 「リードを引いたから、ショックをかけられた」 と学ばせるのが目的なのでしょうが、そのような関連付けは 犬はできないのではないかなぁ・・・と感じます。

最悪なのは リードで繋がっていることがストレスの元になる、ということです。

これは絶対に避けたいです。

d2.jpg

リードに頼り過ぎている、という結果にならないか、という疑問。

お家の中で、フリーになったら? 制御はどうするのでしょうか? 制御できないから、クレートに入れておく? いつまでそのような状態が続くのでしょうか? 犬を飼うって・・・どういうことなのかなぁ?

d3.jpg

トレーニングにはそんなに技術は要らないですよ。

基本は、犬の動きに合わせる。

こう言うと、訓練の世界とは真逆かもしれませんね。

犬の顔色を窺うな、犬に合わせるな、と言われますからね。

でも・・・ しつけの基本は? 私は犬語の行ったり来たり・・・やり取りだと思うんです。 犬に人間社会の規律を押し付けても、おそらく理解できません。 犬の言葉を利用した方が簡単でしょう。

犬に好き勝手させるということとは違います。

 

d4.jpg

犬が弾むようならこちらも弾みます。

その場で飛びつきたそうでしたら小股になって、足踏みします。 同じようなリズムで動くと、犬はたまらなくうれしそうな顔をするものです。

だから、指示しなくても おやつを見せなくても、進んでアイコンタクトしてくるのでしょうね。

どんなに周りに一緒に遊べる犬がいても 進んで楽しく歩いてくれることを評価します。

 

最大級に。

d5.jpg

さあ、もうおしまいね、ご褒美にしてまたママと歩こうね。

お散歩トレーニングは脚側トレーニングをする場所ではありません。 犬は人と暮らすことを、人は犬を楽しませることを、 それぞれに学ぶ場所だと思っています。