私は社会化のドッグトレーナー

チャーリードッグスクールCDSオフィシャルブログ

マグネットで犬を動かす

昨日の記事は少しヘビーでしたからね、今日は楽しく(?)行ってみよう~♪

今日は マグネット遊び についてです。

この写真のパピーちゃんはルシアンちゃんです。

attachment16.jpg

まず こうして、おやつをつまんで食べさせます。

匂いの強いものがおススメです。

気が散っていても鼻先に近づければ 「何っ!?」 って思わず釣られてしまうものね。 たとえば、 鮭のフレークです。

いつものドライフードもこれと一緒にビニール袋に入れておけば 匂いが移リますので、なかなか使えます。

attachment90.jpg

パピーちゃんは好奇心の塊。 いろんなものに突撃したいんですね~。 attachment13.jpg

何が起きるかさっぱり理解していませんので、どうやってこちらに集中させるか 鼻先におやつを持っていくこともありますがこの場合は 犬に興味を与えられる音で呼びます。 リードは引かないでください!

むしろリードを押し返すようにすると、顔が上を向き、振り返ります。 attachment14.jpg

振り返ったら、「おいで~」で後ろに下がります。 リードのたるみに注意して。

 

attachment15.jpg

このあたりまで来ると、たとえパピーちゃんでも 何が行われているかを理解しますね。 おやつを持った手をいろいろに動かして、集中できるように助けてあげてください。 こちらが何をしたいか、犬に何を望んでいるか、 一方通行にならない関係作りのために、こんなゲームもいかがですか? ということですね。 楽しく、強制や、叱りの一切ない時間の中で 犬が落ちついて人の意思を確認できる。

これは犬生一生において大切な関係だと思います。

attachment12.jpg

歩幅、呼吸、動きを合わせてあげるような感覚で。

動きをシンクロさせると、次第に気持ちまで通じた感じになりませんか? 犬はきらきらした目で見上げてくるはずです。 自然なアイコンタクトですね。