私は社会化のドッグトレーナー

チャーリードッグスクールCDSオフィシャルブログ

自尊心の低い犬

おっと・・・シーザーミランです。
少し前に、彼の訓練法が虐待であるとか、どうなのかよく知りませんが
アメリカでも問題になっていることを他のサイトで知りました。
ということで、この「あなたの犬は幸せですか」
という本も、価値がないと一方的に決めつける意見も目にしました。

私自身、シーザーミランの訓練法を使いませんし、
私はそもそも、犬に対して訓練を施すよりも
飼い主さんの犬への接し方を変えることで、問題行動を直していこうと思っているんです。

で・・・この本ですが・・・
読む価値はあります。
こうお話しすると引いてしまう方がいらっしゃるでしょうが
私の考えですので、続けます。

あなたの犬は幸せですかC. ミラン,メリッサ・J・ペルティエ講談社このアイテムの詳細を見る



この本の中には、殺処分寸前の犬が多く出てきます。
精神が不安定なんですね。
ですが、もともと不安定なのではありません。
飼い主さんのかまい過ぎなどが(物理的、精神的な)犬を不安定にさせてしまうのです。
昨日のお話を、どうぞ思い出して下さい。

保護された犬、虐待を受けた犬、こういう犬たちはまた違った不安定さを持っていますが
自尊心が育っていないという点で、かまわれ過ぎの問題行動犬と
共通する部分があるのではないでしょうか。

P124
犬が攻撃性を持つのは自然な姿ではありません。・・・
犬の問題症状を対処してやらなかったために、欲求不満のエネルギーの
行き場がなくなり、攻撃性が生まれるのです。


この本も、かなり抽象的な書き方が多いですが、
問題を表している犬を見るたびに、この欲求不満のエネルギーは私も感じます。
その通りだと思います。
だから、欲求不満のエネルギーを抱えている犬に
服従訓練を施しても、トリーツを使ったトレーニングをしても
噛む、
という問題は治らなかったりするのだと思います。
エネルギーを解消してあげないと。

ではまた、明日へ。