私は社会化のドッグトレーナー

チャーリードッグスクールCDSオフィシャルブログ

「思いやる」へのコメントありがとうございました♪

白熱した(?)コメント皆さんご覧になりましたか?
個々にお返ししないで、この場で総括させてくださいね。
(タローの主さん、総括部長を差し置いてごめんね~)

このブログは参加型のブログと私は思っていますので
どうぞ、みなさん言いたい事思ったことがありましたら
コメントして下さって結構です。

こんなこといって笑われたらどうしよう?
文句と受け取られたらどうしよう?

心配御無用!
たとえ、笑う人がいたとしても、
かりに文句と受け止められても
私はそんな事思いませんから大丈夫ですよ。

犬を育てるには、人間の精神の安定は欠かせません。
どんな方法を用いるにしても、飼い主さんがその方法によって不安定になるのは
避けましょうね。
私のトレーニングはそんな感じ。

犬が直らなくても、周りの人がその犬を理解し
許してくれる事で、飼い続けることが出来る。
それが動物愛護の精神です。

犬は生まれたときから犬です。
そしてその性格、行動様式はいろいろで、
いろいろだから、困った事や、泣きたくなることもありますが
いろいろだからこの世界は成り立っているのですよね。
多様性ということ。

みんな同じではない。
けれど人は不寛容ゆえに、蔑視の目を向けるのが常です。
その目に傷つきながらも動物を愛す心を持ち続ける。
並大抵のことではありません。
でもね、生きるという事は楽しい事ばかりではないから。
とりあえず、今を生きる、悲しくても辛くても。
自分の犬が他人に迷惑をかけたならば、素直に頭を下げて
それで許してくれないのなら、そういう人もいるんだと
あきらめてまた、前に進むしかないわけで・・・

だからね、どうぞ自由に語ってください。
内にためるのはよくないです。
匿名でもかまいませんよ~。私は気にしませんし、
この場がお役に立てたら幸せです。
これからもどうぞよろしくお願いします。