私は社会化のドッグトレーナー

チャーリードッグスクールCDSオフィシャルブログ

甘噛みについて総括(爆)いたしましょう



というわけで・・・
甘噛み、今耐えていらっしゃる飼い主さん
・・・
「その調子で耐えてください」


甘噛みをほかって置けば将来人を噛む犬になる
そういう言われ様をされる「甘噛み」ですが
前にもお話しましたが
そういう犬は見た事も聞いた事もありません。

甘噛みをしたとき思いっきり殴られて
人の手が顔近くに近づいたとき
瞬間的に頭を下げたり、不安そうな顔をしたり
空噛みをする様になった犬は見た事がありますけれど。
そして、飼い主さんが力で制することを犬に使えば
瞬間的なパニックで、犬も力を行使するでしょうね。
それが咬みつきです。

ようするに、甘噛みでもどんな事でも
犬を追い込んではいけないのですよ。

トレーニングをお受けになる方々には
私はテクニックを教える者ではない、ということを
このブログを通してお話しているつもりです。
言葉が足りずに真意が伝わらなかったらすみません?

歩行トレーニングのような技術とは違い
子犬の日常的なしつけには、テクニックは不要です。

テクニックを求めだすと、犬との関係が壊れますよ。
脅しではありません。

生まれや育ち、持っているDNAによって
行動も性格もそれぞれです。
犬種ごとの大まかな違いはありますが
基本犬としての欲望や行動パターン、そして何が幸せかということは
共通事項だと思います。
犬としての幸せ。
飼い主さんに認められたい、一緒にいたい・・・。
という非常に単純な思い。

なので、
まるで、精神修養みたいなお話になってしまいますが・・・
この国で犬を育てる事は
まず、人間の思考を変えていかなくてはいけないのだ、と思います。

何のためにしつけるのか、という事に始まり
そもそも人が言う「馬鹿犬」はいるか?
また潔癖すぎるきれい好きはいかがか?
動物を動物として扱うことへの不慣れさはどうか?
そして何より、犬の流通の問題を知っているか?ということ・・・

また、終生飼い続ける覚悟はあるか、ということも。

その確認さえ取れていれば(自分自身に)
甘噛みの痛みなど、取るに足らない、
足りるかもしれないけど・・・我慢できるかな?
我慢してね。
と、総括にならない総括でごめんなさい。

犬との関係は、一瞬にして壊れることもあります。
これからなんです。
今を乗り越えていただきたい!

どうしても痛かったら、犬を一人っきりにしましょう。
そんなことで精神は壊れませんから。
遊ばなきゃ、と思い過ぎていませんか?
犬が仕掛けてきても、あなたが遊びたくなかったら
やはり知らん顔しなくてはいけません。
飼い主さん主導であること。犬は素晴らしく見事に学びます。