私は社会化のドッグトレーナー

チャーリードッグスクールCDSオフィシャルブログ

この国で、子犬を育てる、ということ



流通、ブリーディング、今すぐ変えられないわけです。
変えなければいけないとしても、
今すでに、生を受けた仔犬たちの境遇を変えられるわけではない。

第一社会化期に母犬から、噛み加減の洗礼を受けられず
兄弟遊びによって、争いを避ける行動を学べなかった犬たち、
その犬たちにできること、それは
見捨てず、飼い主さんが教育することです。

たとえブリーダーさんが大切に育ててきた犬でも、
甘噛みをはじめ、イタズラはします。
生きているのですから、育っているわけですから
イタズラをしないわけがない、そうですよね?

でも・・・
そうですね、甘噛み、痛いし半端じゃなく痛いし。
多くのしつけ本は
「人の手を噛ませると、甘噛みをしっかり直さないと、将来人を噛む犬になるかもしれない」
と書かれていたりして。
そんな記述を見てしまった日には、腋の下を汗が流れます・・・

はっきり言ってしまうと、
甘噛みが噛みつきに移行するということはないでしょう!
そういう犬に出会ったことはありません。

ただ・・・
中途半端な甘噛みへの接し方が、「余計に噛む」ようにさせるのかもしれない、
そう感じています。
犬がいらつくような対処はいけませんね。

また理想の犬の育て方から抜き書きしますね。
子犬はこのやわ噛みを、最初母犬から教わる。
乳を飲む時に乳首をきつく噛んだ子犬は罰を受けるのだ。
そしてきょうだいをきつく噛んだ時も遊びが終わりになり、相手から噛み返されるなどのマイナス反応を受ける。
子犬はそれを通して、噛む力をコントロールすることを学ぶ。
だが早すぎる時期(生後4,5週)にきょうだいから引き離されると、成長後に原則にしたがわずに噛みつく傾向が強くなる。
段階を踏まず、唸り声をあげた後、すぐさま手加減せずに相手に噛みつくのだ。
他の犬に過剰な攻撃性を示したり、逆に他の犬を極度に恐れたりするようになる。
コミュニケーション能力が不足していて、適切な信号を他の犬に送れないと同時に、他の犬から送られる信号も正しく解釈できないのだ。
子犬を生後7,8週まできょうだいとすごさせると、このような傾向は少なくなる。


要するに、犬は教育されなければいけない、ということです。

ほかっておいて直る場合もあります。
中途半端にマズルをつかんで余計に犬をいらいらさせてしまう、
そういうケースより、まだほかっておいた方がいいのかもしれませんしね。

ただ・・・
懲りずに甘噛みを仕掛けてくる犬にどうしたらいいのか、

次回考えてみます。お付き合いください。