私は社会化のドッグトレーナー

チャーリードッグスクールCDSオフィシャルブログ

フードを使わないと話になりません。



あなたはあなたの犬に 他人からおやつを貰いたくない人
ですか?
ダイエット中で貰いたくない、と言うのは抜きですね。

私の手から貰って欲しいの。
できればお行儀よくがっつくことなく、待て、いいよ、で食べて欲しい。
そんな事を考えていませんか?

これから述べる事は私の考えなので
全然、強制はしませんけど・・・

家庭犬が、人間社会でトラブルを最小限に抑えて暮らさせるためには
他者との良い関係作りは欠かせません。

あなたの犬でも、他の人に育ててもらう感覚でいないと
いざ問題が起こったとき孤立します。

他人に慣らす=他人は良いことをしてくれる人=食べ物をくれる
といった感じです。
犬を社会化させるのに、最も大切なものは
新しいもの=楽しいこと
そう思わせられるかどうか、これだけです。

卑しくなるから、フードを使ったトレーニングはしたくない。
そう考える方も多いように感じます。
まあ、犬はもともと卑しくて、
卑しいくらいの方が可愛い、なんて私は思いますが・・・
お気楽過ぎですかね・・・?

生まれたばかりの犬は
「私は食べることが好きではない」
などとは言いませんね。
必死でお乳をのみ、必死で生きようとします。

社会化もそのレベルの問題だと思います。
必死で慣れなさい、ということ。
生きていく環境に慣れないと、生きていくのも大変です。

なので、
たまにいますが、
「うちの仔は食べ物に釣られない」

食べ物で釣ることもトレーニングです。

食べ物で釣られるくらい単純でないと扱いにくい。
社会化時には、ぜひフードを多用して、食べることも
人からもらうことも大好きな犬にしてあげてください。

フードで「マテ」をしていると、
食べることそのものに興味を無くしてしまう犬もいるようです。

警戒心を植え付けないように。
今の時代、番犬は必要ありません。
他人を咬んで、大事になるくらいなら、餌に釣られて尻尾を振っていたほうが
枕を高くして寝られるってもんです。

強制はしませんけれど・・・(したいけど)