私は社会化のドッグトレーナー

チャーリードッグスクールCDSオフィシャルブログ

犬は友だち♪



きれいごと、を言っているつもりはなく、
幻想論でもないですが・・・
犬は友だち、ですよね?

でも・・・

やはり今現在、咬みつく犬はいて、
咬みつかれないように恐怖に怯えた飼い主さんは
どこかにきっといらっしゃるのでしょうね・・・

何がいけなかったんでしょう?

混沌としているでしょうね。

でもね、昨日もお話しましたとおり、
支配性はやめましょう。
生まれながらに強く支配性を持つ犬はそうそういません。

多くの場合、支配性を持ち出してくる行為、
飛びつき、
体当たり、
甘噛み
唸り
リードを引く、
無駄吠え・・・
これらは、犬が自分の興奮や、感情をコントロールできていない状態です。
支配性ではありません。

これらの行動を犬がとったとき
飼い主さんがコントロールできないと、
犬に支配された状態ではある、
ややこしいですがそういうことだと思います。

犬が支配しているのではなく、
犬の行動を制御できないために、
支配された(飼い主さんの行動や思考が制御された状態)と感じるのです。



訓練士は、犬を扱うプロなので
犬の行動を制御できます。(方法はいろいろでしょうが)
これは、犬が訓練士に服従しているのではなく(服従している仔もいるでしょうけど)
訓練士が制御、コントロールしているのだと認識しましょう。
仕事なので、できて当然ですね。
こう言うとお叱りを受けるでしょうか?
でも、プロというのはそういうものです。(よね?)

もしも、依頼のあった犬をコントロールできないときは
技術が不足している、私ならそう思います。

犬は咬む動物だとお話ししてきました。
しかし、それを許すわけにはいきません。
そのために、子犬の頃からの社会化のトレーニングと
スキンシップをとることを、訓練に先立ってお願いしたいとお話しし続けています。

ただ、咬みつきやすい犬はいます。
人間でもキレやすい人がいるようなもの。

そういう場合は?もう成犬で、社会化できない?
だから、咬んだら厳しく叱る、叩く、引っ張る、蹴る。
そのようにしてもう咬みたくないと思うまで、心が壊れるまで
犬を傷めつけることは正しい方法でしょうか?

トラウマを作ると、
一見おとなしくなったように見えますが、
(実は殻にこもっています)
ある時、(多くの場合は嗅覚ですね、)自分がキレたその時の状況が
ふっと脳によみがえった瞬間、
犬は咬みます。
体罰で心が壊れた犬は、力の加減ができないかもしれません。
一種のパニックです。

そこまで犬を追い詰めてまで人は犬を飼う?のですかね・・・。
余計なお世話かな・・・。